『アイドルマスター スターリットシーズン』登場アイドルやシステムなど続報公開。諸星きらりと亜美と真美の交流などがお披露目

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

バンダイナムコエンターテインメントは10月6日、『アイドルマスター スターリットシーズン』の登場アイドルを発表した。同作には、既報のアイドルたちにくわえて『アイドルマスター シンデレラガールズ』から安部菜々と諸星きらり、『アイドルマスター ミリオンライブ!』から白石紬と桜守歌織、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』から杜野凛世と大崎甘奈が登場する。なお、本情報は情報番組”「アイドルマスター スターリットシーズン」スターリットレポート!”内にて発表されたものだ。

番組には、『アイドルマスター スターリットシーズン』のプロデューサーである久夛良木勇人氏や『アイドルマスター』シリーズの統合プロデューサー坂上陽三氏、各アイドルの声優陣が登場し、本作の続報が公開された。最初に発表されたのは、前述の通り発表時には伏せられていた6名のアイドルだ。参加するアイドルたちは、どうやってアイドルたちが交流したときに面白いエピソードができるか、プロデュースの幅が広がるかといったことを考慮して決定。ゲーム内では、プロジェクトルミナスの結成時に各アイドルの推薦理由にプロデューサーが目を通し、指導を行っていくことになるそうだ。


続いて、開発中のゲーム映像として、絆コミュ、コミュ、営業、レッスンからダンスレッスンの動画が公開された。順を追って説明すると、絆コミュとは、フリータイムにプロデューサーとアイドルが1対1で接し、各アイドルとのエピソードが描かれるもの。エピソードを通じてアイドルとの絆Lvが上昇し、親愛度が深まることでアイドルの可能性が引き出されていくそうだ。今回公開されたのは、海外研修に行ってきた765プロのプロデューサーに対して杜野凛世が質問する1シーンで、3Dモデルになった杜野凛世が動いている様子や彼女の新しい衣装が確認できた。


続いてコミュは、事務所の異なるアイドルたちが共演する本作ならではイベントだ。放送内では、諸星きらりと双海亜美・双海真美の3人がライブ映像を見ながら話し合っている場面シーンが公開された。この動画では、プロジェクトルミナスの拠点となる建物が映っており、また久夛良木勇人氏は「諸星きらりの衣装は、ゲーム内のとあるキャラクターと対になっている」ともコメントしている。


営業では、プロデュース活動に必要なマニーを稼ぐため、アイドルたちがさまざまな仕事へ挑戦する。営業中、困っているアイドルたちに選択肢をとおして助言を行い、そのコミュニケーションの結果で、営業の成否が変化。本作では、みんなで行うグループ営業も存在するそうだ。放送では、桜守歌織が子供向け番組に出演している様子が公開されており、泣いた子供に対してどう接するのかを選ぶ場面が確認できた。


レッスンでは、ミニゲームをこなしてボーカル・ダンス・ビジュアル能力を鍛えていく。ボーカルではタイミングをあわせてボタンを長押する発声練習、ダンスでは入力方向を覚えてタイミングよくボタンを押す振り付けの練習、ビジュアルでは豊穣とポーズの2つの要素を間違えないで入力するミニゲームが展開されるという。動画では、諸星きらり、杜野凛世、桜守歌織、双海真美・双海亜美の5人がダンスレッスンを行うシーンが公開されている。そのほか、公式サイトの更新も行われており、レッスン、営業、絆コミュの内容や放送では見られてなかったスクリーンショットも公開されている。


『アイドルマスター スターリットシーズン』は、「765PRO ALLSTARS」の13人のアイドルたちに加えて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』『アイドルマスター ミリオンライブ!』『アイドルマスター シャイニーカラーズ』のアイドルたちも登場する、アイドルプロジェクトプロデュースゲームである。本作の舞台は、765プロ所属のプロデューサーが、海外研修を追えて日本に戻ってきた直後。事務所で高木社長と再開したプロデューサーは、新しい大型アイドルイベント「スターリットシーズン」に複数の事務所から集めたスペシャルユニットを出場させるという構想を聞かされ、プロジェクトルミナスのプロデュースを行うことに。10か月間の選抜戦中、レッスンや営業など1日単位でプロデュースを行い、各月の目標達成とスターリットシーズンへの出場を目指し、アイドルたちとの日々を過ごしていく。

アイドルマスター スターリットシーズン』は、PlayStation 4/PC(Steam)向けに2021年発売予定。次回の情報公開は、2021年1月に予定されている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog