時よ止まれ。絶体絶命の時止め系FPS『Time To Stop Time』Steamにてクローズドベータテスト開始へ

インディースタジオSicariusは12月25日、『Time To Stop Time』のクローズドベータトレイラーを公開した。同作においては今月16日よりクローズドベータテスターの募集が始まっており、あらためてその告知がおこなわれている。

スポンサーリンク

『Time To Stop Time』は、超能力系FPSだ。プレイヤーとなるのは、ひょんなことから超能力を有することになったスーパーヒーロー。この世は危険で満ち溢れており、罪のない人々が危険に晒されている。絶体絶命の状況で、残された時間はごくわずか。時を止めて戦況を大きく覆し、人々を救うのだ。

特筆すべき能力は、やはり時間を止められることだろう。3秒や10秒どころではない時間、時を止めることができるようで、その間に銃弾の軌道を変えたり、物を設置したり投げたりして障害物を作ったり、あるいは敵に銃弾そのものをぶち込んだり。こちらに向かって進んでいるミサイルを、敵に投げ返してみるのもいいだろう。挙げ句は上空に飛んでいる戦闘機の弾を拝借することや、タンクを乗っ取ることすらもできるようだ。オーソドックスな“時止めギミック”も利用でき、銃を奪って攻撃するほか、蹴りで敵をふっとばしたりレスリング技を食らわせることまで可能だという。

コンテンツとしては、それぞれシチュエーションの異なる40以上のステージをクリアしていくサンドボックス形式を採用。バーの喧嘩止めから大統領の救助まで、幅広いシチュエーションが用意されているとのこと。映像では、巨大なロボットを相手に戦うような設定も確認できる。

ゲーム内容、開発元ともに謎は多いが、コンセプトと面白げなゲームプレイ映像が光る『Time To Stop Time』はPC(Steam)にてリリース予定。クローズドベータテストには、Steamコミュニティページに行きグループチャットをすることで登録可能だ。

 

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog