『スマブラSP』内でユーザーがつくりだした非公式「不知火舞」が増殖中

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にて新ファイターのテリー・ボガードが配信開始された。また同配信においては、主役であるテリーを差し置いて『餓狼伝説』シリーズなどの人気キャラ不知火舞の不参加が注目を集めたが、ファンのいじりは続いているようだ。GameXplainが伝えている。

不知火舞は、SNKタイトルに登場するくノ一だ。不知火流忍術を継承しており、大きな扇子を武器として戦う。露出の多い大胆な赤い装束を身にまとい、髪はポニーテール。テリーの弟であるアンディと恋仲であることも知られている。『餓狼伝説』シリーズにてデビューしたものの人気を博し、その後『キング・オブ・ファイターズ』シリーズなどのSNKタイトルや、最近では『DEAD OR ALIVE 』2作品に参戦するなど、その活躍の幅を広げている。その派手な見た目もあってか、多くの男性ファンを抱えるキャラである。

スポンサーリンク

『DEAD OR ALIVE 6』の不知火舞

『スマブラSP』では、テリー・ボガード以外のSNKキャラも、KOFスタジアムにゲストキャラクターとして姿を見せるが、不知火舞の雄姿は確認できなかった。その理由についてディレクターの桜井政博氏が、自ら説明。不知火舞はレーティング区分が「CERO A」である関係で『スマブラSP』では登場させられなかったと示唆していた(関連記事)。つまるところ、不知火舞はセクシーすぎたあまり、人気キャラであるにも関わらず『スマブラSP』に参加できなかったわけだ。まさかの理由でNGを食らったことにより、国内外コミュニティで話題を呼び、不知火舞は思わぬ形でいじられることとなった。

そのいじりは業界の間でなされており、コーエーテクモゲームスのTeam NINJA公式アカウントは、電ファミニコゲーマーのニュースツイートを引用RTし、「そんな不知火舞さんをプレアブルで楽しめる格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE 6』(CERO D区分)」と便乗し宣伝。「オトナの世界へようこそ。。。」ともコメントしている。ハムスター公式アカウントもまた同じく便乗し、「そんな不知火舞さんを『アケアカNEOGEO』シリーズは、プレイアブルで楽しめます。(CERO B、C区分)」と宣伝。ユーザーの笑いを誘っている。不知火舞の不参加は、仲間内でもネタになっているようだ。

そんな中、ゲーム内ではいじりか手向けかは不明であるが、不知火舞を登場させるべくユーザーのお手製コンテンツが増加している。特に多いのは、Miiだ。不知火舞を模した女性Miiが大量に投稿されており、その数40体以上。扇子を武器にしているということで、けんじゅつ型として作られることが多い。忍者系の衣装を着せるというのは、テーマとして一致しているようだ。「全年齢版の不知火舞」といった笑いを誘うMiiネームも。

そしてより気合が入っているのは、ステージ作成。こちらは日本語英語あわせても投稿されているのは10ステージ前後。テーマとしてはかなり直球で、背景や足場としてデザインすることでステージ内に不知火舞に登場させている。ユーザーが“お絵かき”した多彩な不知火舞を舞台に、戦いを繰り広げる。戦うフィールドとしてそれなりに考慮されたものから、胸揺れを強引に導入する凝ったステージまで。戦いの場として登場しているわけだ。

SNKスタジアムらしき場所に不知火舞が佇むステージもあり、こちらは実現できなかった構図であるだけに涙なしに見ることができない。とりあえず描いたという雑な感じのステージも含めて、なかなか考えられた設計のフィールドが確認できるだろう。ユーザー制作コンテンツによって不知火舞を登場するというのは、『スマブラSP』ならではの出来事といえる。オリジナリティのある非公式不知火舞は、今後も『スマブラSP』内に増えていくかもしれない。

ちなみにステージについては、実装当時から絵心を披露する場所にもなっており、『スマブラ』に関連したものから関係してないものまで、幅広い作品が投稿されている。ディレクターである桜井氏を模したユニークな作品も生まれているので、オンラインにつないだ際にはステージ投稿欄を覗いてみるのもよさそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog