人気RPG『UNDERTALE』が、コスチュームとBGMで『スマブラ SP』に参戦。サンズのコスに「MEGALOVANIA」は新アレンジ

任天堂は9月5日、2019年に発売を予定しているNintendo Switchソフトを紹介する「Nintendo Direct 2019.9.5」を放送。この中で、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のMiiファイター用の追加コスチューム第3弾を発表した。本日9月5日に、各74円(税別)で配信開始する。

追加Miiファイターコスチューム第3弾には、コナミの『がんばれゴエモン』の「ゴエモン(剣術)」、カプコンの『ロックマン』の「ブルース(射撃)」および『ロックマンX』の「ゼロ(剣術)」、さらに『ポケモン』シリーズの「ロケット団(格闘)」、そして人気RPG『UNDERTALE』から「サンズ(射撃)」が収録される。

公開された映像にてトリとして紹介されたサンズは、インディー開発者Toby Fox氏が手がけたRPG『UNDERTALE』に登場するメインキャラクターのひとり。同作はNintendo Switch向けにも販売されている。ニンゲンが来ないか見張りをしているスケルトン兄弟の兄で、いつもやる気なさげであったり、ジョーク好きであったりといった性格の持ち主だ。ぬいぐるみやフィギュアなどの公式グッズが製作・販売される、同作における人気キャラクターのひとりで、『スマブラ SP』のディレクター桜井政博氏によると、Miiファイターコスチュームへの要望も多く寄せられていたという。

なお、「サンズ(射撃)」には、新アレンジ楽曲として『UNDERTALE』のサウンドトラックから「MEGALOVANIA」が収録される。作曲家でもあるFox氏自身が、本作のために特別に編曲をしたそうだ。

*桜井政博氏が、サンズやToby Fox氏について語るシーンは21分15秒あたりから。

上の映像にて桜井政博氏は、Toby Fox氏を自宅に招いて一緒に『スマブラ SP』を楽しんだことがあるというエピソードを明かしている。これを受けてFox氏も当時のことを振り返りツイート。桜井氏の自宅へは、同氏の運転する車(Fox氏いわく“バットモービル”)で送ってもらったそうで、車内では『スマブラ』のサウンドトラックCDを聴いていたとのこと。Fox氏は通訳なしで訪問したため、つたない日本語で『スマブラ』について桜井氏に語ったという。そしてFox氏は、人生でもっとも夢のようで楽しい体験のひとつだったとし、その時のことを忘れることはないだろうと述べている。

なお、上の映像の冒頭にもあるように、『スマブラ SP』では本日9月5日に追加ファイター「バンジョー&カズーイ」が配信開始される。現在はマイクロソフト傘下にある英国Rareが手がけた、任天堂ハードにも深い縁のあるキャラクターだ。桜井氏は任天堂の番組であるにも関わらず、出展元である『バンジョーとカズーイの大冒険』は現在Xbox Oneでプレイできることを案内。Twitterでは「Xbox」がトレンド入りする結果となった。また、2019年11月には『餓狼伝説』シリーズの「テリー・ボガード」が追加ファイターとして参戦することも発表されている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog