「みさこ」と「きょうこ」が主人公の『熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls』9月5日に発売決定、公式サイトも公開

アークシステムワークスは8月6日、『熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls』を9月5日に発売すると発表した。プラットフォームはPC(Steam)/Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox Oneで、価格は2900円(税別)。なお、ゲーム内は日本語字幕/英語音声となる。

『熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls』は、「くにおくん」シリーズの最新作だ。アークシステムワークス監修のもと、『シャンティ』や『魂斗羅 Dual Spirits』などで知られるアメリカのインディースタジオWayForwardが開発を担当する。本作の主人公となるのは、くにおの彼女「みさこ」と、りきの彼女「きょうこ」という喧嘩上等の最恐女子高生コンビ。くにおとりきが誘拐されたと聞き、ふたりは授業を抜け出して救出に向かう。

本作は、ソロもしくはローカルでの2人協力プレイに対応しており、みさこときょうこは、校内や市街地など6つのエリアを進む。そして、チンピラや警官などをぶちのめし、ボスと闘うのだ。基本攻撃としては、連打するだけでコンボが繋がるクイックアタックや、モーションは遅いものの強力なヘビーアタックがあり、またゲージを消費する特殊技も用意されている。物語を進めて経験値を貯め、レベルアップするごとに新たな技がアンロックされる。

本作の特徴のひとつとしては、敵を倒すと稀に命乞いをしてくることがあり、許してやると舎弟にできるというシステムがある。舎弟は一度に12人まで連れて行くことができ、バトル中に呼び出せば敵を攻撃してくれるため、ソロプレイでは積極的に舎弟を増やした方が良さそうだ。なお2人協力プレイ時には、味方を攻撃してしまった際のダメージをON/OFFできるとのこと。

ステージ内ではオブジェクトを拾って武器にしたり、ロッカーなどを破壊すれば回復アイテムを入手できることもある。また、ファッションアイテムを入手して身につけると、たとえば重い物を運んでいる際の移動速度が上がったり、敵を持ち上げている際に体力が回復するなどの効果を得られるという。

さらに、ショップに行けばアイテムや新たな技の習得が可能。お金は、敵を倒したり物語を進めることで獲得できる。こうしたアイテムなどの管理は、スマホをメニュー代わりにしておこなうようだ。今回公開された本作の公式サイトでは、漫画風にストーリーを紹介する本作のカットシーンの一部や、「みすず」などおなじみのキャラクターも確認できるため、興味のある方はぜひチェックしてみよう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog