Valve版Auto Chessとなる『Dota Underlords』発表。SteamだけでなくiOS/Androidでも遊べ、クロスプレイも想定

Valveは6月14日、『Dota Underlords』を発表した。同作は『Dota 2』向けの人気Mod「Auto Chess」を、Valve自身が手がけるスタンドアローン版。クルーを構築し組み合わせてレベルを上げ、7人の敵と戦う。優れた戦術こそが勝利を決めるのだ。

スポンサーリンク

※ YouTuberであるKripparrian氏によるプレビュー

『Dota Underlords』は関係者の間でベータがおこなわれてきたが、この度その規模を拡大。『Dota 2』のBattle Pass所有者は、本作のベータがプレイ可能となった。Steamライブラリの『Dota 2』ダッシュボードに、ベータのリンクが貼られているという。オープンベータにむけたプレビュー版として運用されており、7人の他プレイヤーとのオンライン対戦やBOTを相手としたオフライン対戦(難易度はeasyからhardcoreまであり)。パーティーを組んでオンラインおよびBOTと戦うことも可能。

1週間後に実施されるであろうオープンベータでは、Steam(Windows/Mac/Linux)だけでなく、AndroidやiOSでも遊べるという。コンテンツとしてはランクマッチやクロスプレイ。ランクを含めたクロスセーブ(クロスプログレッション)に対応予定だ。ゲームはまさに開発の真っ最中であり、シーズン1に向けたフィードバックを募るベータになるようだ。

『Dota Auto Chess』

Valveは先日、Modである『Dota Auto Chess』開発元Drodo Studioと協議した結果、ValveとDrodo Studioは協力関係を維持しつつも、それぞれで異なるスタンドアローン版「Auto Chess」を開発することを明かしていた。これを受けてDrodo Studioは今月11日にPC版『Auto Chess』を、ValveのライバルプラットフォームとなりつつあるEpic Gamesストアで、スタンドアローン版を立ち上げると発表(関連記事)。そして今回Valveは『Dota Underlords』を発表したわけだ。

Valveの手がける『Dota 2』のModから始まったということで、紆余曲折ありながら結果的に“ふたつ”に分裂した「Auto Chess」。同ジャンルが革新的だということで、すでに複数の中国企業が「Auto Chess」を題材としたゲームのリリースに動いているほか『League of Legends』でも「Auto Chess」から影響を受けたという新モード「チームファイト・タクティクス」が運用される予定(関連記事)。たちまち群雄割拠となった「Auto Chess」をめぐる争い。プレイヤー数を確保し人気タイトルとして定着するのは、どのタイトルになるのだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog