PS StoreにてGWセールがスタート。『PUBG』40%オフ『DQB2』30%オフなど、対象は最新作からインディーまで

PlayStation Storeにて、「GAME WEEK セール」がスタートした。開催期間は2019年4月24日から、2019年5月7日まで。今回対象となっているのは、PS4やPS Vita向けのゲーム本編579件と、追加アイテム170件。期間中は新作からインディーまで、最大90%割引のセール価格で購入できる。セールの対象となっているPS4向けタイトルから、ピックアップして紹介する。

最近リリースされた作品としては、1月に発売されたキングダムハーツシリーズ最新作『KINGDOM HEARTS Ⅲ』が33%オフの6367円。2月に発売されたFPS『ファークライ ニュードーン』が20%オフで4665円(PS Plus会員ならさらに10%オフ)。アトリエシリーズ20周年記念作品『ネルケと伝説の錬金術士たち ~新たな大地のアトリエ~』は17%オフの6980円。1月に発売されたバイオハザード2のリメイク版は『BIOHAZARD RE:2』『BIOHAZARD RE:2 Z Version』共に25%オフで5850円だ。『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』は30%オフの5896円。リマスターされた『End of Eternity』は20%オフの3196円(PS Plus会員ならさらに10%オフ)。いずれも大幅なセールではないが、それぞれ普段より安い値段で販売されている。

旧作からは、『ペルソナ5』が50%オフで4400円(PS Plus会員ならさらに10%オフ)と、新価格版より安い値段となっている。また、ダンガンロンパシリーズ3作品がまとめられた『ダンガンロンパ トリロジーパック』も59%オフで3000円。昨年8月発売の『ウイニングイレブン2019』が75%オフで1980円。対する『FIFA 19』は57%オフの3622円。昨今のバトルロイヤルブームの火付け役『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』が40%オフで1980円。『地球防衛軍5』は40%オフ(PS Plus会員ならさらに10%オフ)。いずれも少し古いタイトルだけあって、買いやすい値段となっている。

また、インディー作品も当然セール対象となっている。蛇を操作するアクションゲーム『Snake Pass』が30%割引で2252円。オンラインマルチプレイが熱い、厨房を回していくクッキングアクションゲーム『Overcooked® 2』が30%割引で1925円。ループする洋館で、状況を解き明かすミステリーアドベンチャー『The Sexy Brutale』が50%割引で1080円。ひたすら下へ降りていくシンプルなアクションゲーム『Downwell』が65%割引(PS Plus会員ならさらに10%オフ)で175円。2Dアクションゲーム『ぎゃるガンヴォルト』が80%割引で100円(PS Plus会員ならさらに5%オフ)だ。

前述のとおり、500以上ものタイトルが今回のセール対象となっており、紹介したのはその一部だ。セール作品を端から端まで眺めてみれば、思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれない。また「バンダイナムコエンターテインメントゴールデンウィークセール」「アークシステムワークス ゴールデンウィークセール2019」「スクウェア・エニックスGWセール」「CAPCOM 2018 GWスペシャルセール」など、デベロッパーや作品単位のGWセールもいくつか行われているようだ。またGAME WEEK セールではアーティスト「SHOHEI」氏描き下ろしのメインビジュアルを基調としたPS4用テーマが期間限定で配信されている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog