『スマブラSP』しずえが「アシストフィギュアを無限に呼び出し続ける」バグが発見される。画面内をリオレウスが埋め尽くす

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にて、またしてもコミカルな現象が確認された。その現象とは、2人のプレイヤーがしずえを使い、とある行動をすることにより、アシストフィギュアが無限に呼び出されるというもの。第一発見者は、YouTube投稿者であるTheAfrowJow氏。友人のJohnと共にIsabelle(しずえ)を使っていた時に発生したという。弊誌でもこの現象を確認している。

発生条件としてはこうだ。2人のプレイヤーが、しずえを選び乱闘に参加する。そしてアシストフィギュアを出現する設定にしておく。アシストフィギュアが出た際に、ふたりのプレイヤーが、左右から同時にひとつのアシストフィギュアにむかって釣り針投げ(横B)を試みる。タイミングがあえば、若干タイミングが早かったほうのしずえが、アシストフィギュアを無限に呼び出し始めるのだ。トレーニングモードで、CPの動きをプレイヤーの操作に変更し、試みるのが手っ取り早いかもしれない。

アシストフィギュアの無限呼び出しというのは、その言葉どおりの意味だ。アシストフィギュアをつかむことに成功した方のしずえは、なにかに取り憑かれたかのように、ひたすらにアシストフィギュアを召喚し続ける。実際に取得したアシストフィギュアはひとつであったにも関わらず、だ。こうなると、操作することが難しくなる。この状態に陥れば、アシストフィギュアは大量に召喚され続け、画面内は呼び出されたキャラクターであふれていく。ワルイージやゼロ、スプリングマンといったキャラクターが、無限に湧き出てくる。巨大なリオレウスも例外ではない。

おそらく表示キャラ数は決まっているようで、一定数以上は沸かないようにも見えるが、それでもしずえは召喚の手を止めない。画面背景から迫る月や、川島教授なども無限に登場し続ける。シオカラーズのように増殖しないキャラクターもいるようだが、基本的にはすべてのアシストフィギュアは、このクロス釣り針投げによって呼び出されると、増殖し続ける。普段はクールなアシストフィギュアも、この呼び出しバグを利用すれば、当該キャラクターで画面内が溢れ、なかなかシュールな光景が生まれる。ただでさえ強力なアシストフィギュアが束になって襲ってくれば、プレイヤーとしてはひとたまりもないだろう。

昨日には、しずえの発するパチンコ弾を、しずえとむらびとで「しまうリレー」をおこなった際、ゲームが停止するという不思議なバグが確認できることをお伝えした(関連記事)。またしても、しずえを用いたコミカルな現象が発見されたわけだ。重ねて述べるが、今回の現象もバグであることが濃厚なので、再現することにはリスクがともなうことに注意してほしい。発生条件のはっきりしているバグということで、こちらも将来的なアップデートで修正されるだろう。「2人のしずえを使い、同じタイミングでアシストフィギュアを釣る」というシチュエーションになることは、そうそうないと思われる。ただ万が一この状態に陥った際には、操作可能なプレイヤーは、素直に試合を中止してあげるといいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog