「ニンジャスレイヤー」の翻訳チームが携わる全方位STG『AREA 4643』近日発売。Steam次元のネオサイタマを生き延びろ

日本のゲーム製作サークルデスモフモフが開発する2D全方位シューティングゲーム『AREA 4643』が、ダイハードテイルズ・ゲームスから近日発売される。プラットフォームはSteam(Windows/Mac)で、現在最終ブラッシュアップ中であるとのこと。Twitter小説『ニンジャスレイヤー』などを発表するオンライン・パルプノベルマガジンのダイハードテイルズが送る本作は、サイバーパンク・ニンジャ都市「ネオサイタマ」を舞台に、ヤクザ天狗やイビルヤモトなどの自機を操作してクローンヤクザやバイオスモトリ、あるいはニンジャを排除する爽快なシューティングだ。本作の世界観については、あらすじを読んでいただければわかるだろう。

スポンサーリンク

STORY

世界を支配していた人工知能「アルゴス」の消滅とともに、ネオサイタマの破滅は回避されたはずだった。だがユニヴァースの境界線は乱れたまま収まらず、新たなSteam次元すらも生み出してしまう。過去に滅びたはずの何者かが、Steam次元からこの宇宙全体をコントロールしようとしていたのだ。偉大なる次元旅行者にしてエターナルニンジャチャンピオンのザ・ヴァーティゴ=サンは、世界の運命をあやぶむ。彼の手でSteam次元のネオサイタマへと召喚されたあなたは、この事件の真相を突き止めねばならない……!

おわかりいただけただろうか。本作では、ダイハードテイルズがIPを持つ作品からさまざまなキャラクターが登場し、そして大暴れする。ダイハードテイルズとは、作家の本兌有氏と杉ライカ氏によるオンライン・パルプノベルマガジン。サイバーパンク・ニンジャ活劇小説『ニンジャスレイヤー』の翻訳など、インターネットを中心にさまざまな活動を行っている。本作はダイハードテイルズが企画する“真の男のためのインディーズゲーム”であり、シナリオ・音楽は同社によって制作されている。

ゲームの開発は、かわいいネコがたくさん出てきて倒す横スクロールシューティング『Neko Navy(ネコネイビー)』 の作者であり、「ニンジャスレイヤー」の公式ブラウザゲーム『急げ!ニンジャスレイヤー!』、『逃げろ!レオパルド!』を制作した経験のあるデスモフモフ(ネコ忍者コア)が担当している。なお『Neko Navy』は2018年冬にNintendo Switch向け移植版『Neko Navy – Daydream Edition』が配信予定となっている。

『AREA 4643』は、『Smash TV』や『Hotline Miami』のような見下ろし型アクションシューティングとなっており、自機をキーボードとマウスで操作してクローンヤクザやバイオスモトリやニンジャなどの脅威を排除する。本作は死んで覚えるハードコアなゲームではなく、敵を倒して進むだけで興奮し、爽快感を味わえるゲームとなっている。ステージは全5面で、コンティニューは何度でも行える。発売時点では「ヤクザ天狗」「イビルヤモト」「ドールハウス」が自機として選択でき、それぞれ攻撃方法は全く異なっている。ヤクザ天狗はサイバネ技術により強化された身体を、ヤクザスーツと謎めいた天狗面で覆う狂ったニンジャハンター。左クリックで長射程の二挺拳銃射撃、右クリックでドスダガー近接攻撃を繰り出す。さらに、ゲージを溜めて右クリック長押しすると、爆発する発火性の聖水瓶を投げられる。

イビルヤモトは鬼のようなツノが生えた女子高生型の生き物であり、『ニンジャスレイヤー』に登場するヤモト・コキとは関係がないとされている。ショートレンジ格闘に特化したキャラクターで、ドリルメリケンサックや釘バット、ゴルフクラブなどによる攻撃をする。ドールハウスは『ブーブス・バンド』に登場するロックバンド「ブーブス・セクシー・ストライキング・バンド」のベーシストで、深刻なハッパ中毒者である。ベース超音波攻撃やベース撲殺攻撃、ロックンロールの自動追尾型悪魔などのロックンロールの力を駆使して戦う。シナリオではこれらのキャラクターごとにストーリーが用意されており、カットイン演出もある。それに加えて、今後も追加の自機キャラクターがタイムリリースされていく予定であるとのこと。

本作の企画は2017年11月に公表され、その後ダイハードテイルズのnoteにおいて、ベータアクセス権や製品版と同等の最終バージョン獲得権などを提供する早期アクセスマガジンが有料販売されていた。開発状況についてもこのマガジンで定期的に報告されている。現時点でSteamworks上での準備は完了し、審査を待っている状態だそうだ。価格はまだ公表されていないが、上記記事にて10ドルになる予定であることが言及されている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog