Nintendo Switchのニンテンドーeショップが小規模アップデート。ジャンル別や価格帯別などでのゲーム探しがしやすく

任天堂は、Nintendo Switchのニンテンドーeショップの利便性向上に努めているが、このほどさらなるアップデートがおこなわれた。変更点は、ニンテンドーeショップ左側のナビゲーションタブの一番上の項目からアクセスできる、販売タイトルを探すための「検索」ページである。

スポンサーリンク

「検索」は、ゲームタイトルなどのキーワードを入力して検索したり、あるいは「ほかの条件からさがす」を押して絞り込み検索へと進むことができるページだ。それらの機能に変わりはないが、ここに新たに「条件からさがす」として、ジャンル・価格帯・体験版あり・追加コンテンツの4つのボタンが追加された。

ここでたとえば「ジャンル」を押すと、アーケード・アクション・アドベンチャー・格闘・パズル・レース・ロールプレイング・シミュレーション・スポーツなど、計19ジャンルがずらっとリストアップされたページへと移動する。それぞれのジャンルにはゲームやアプリが4タイトルずつ掲載されており、「すべて見る」を押すとそのジャンルのタイトルをすべて閲覧できる検索結果ページへと移動する形になっている。

「価格帯」の場合は、5001円〜・1001円〜5000円・0円〜1000円の3つのカテゴリがあり、同じようにそれぞれ4タイトルずつ掲載され、さらに各価格帯の全タイトル閲覧への誘導がある。一方、「体験版あり」と「追加コンテンツ」の場合は、いずれも配信中のすべての体験版と、すべての追加コンテンツを検索してリストアップする形となっている。

実はこれまでにも、絞り込み検索にてジャンルや価格帯を指定したり、体験版や追加コンテンツを探すことは可能だった。そのため今回のアップデートは機能的な追加というわけではないが、「検索」のトップページから容易にアクセスできるようになり、また「ジャンル」と「価格帯」の場合は4タイトルだけではあるものの各項目をプレビューできるため、より少ない操作で目的を果たせる可能性が高まったと言えるだろう。

Nintendo Switchのニンテンドーeショップは今年6月に、キャンペーン中のタイトルなどを紹介する「ピックアップ」の項目を追加したり、新作タイトルが並ぶ「NEW」のページや、「ランキング」での掲載タイトル数を増やしたりといった大きなアップデートがおこなわれている(関連記事)。Nintendo Switch向けには毎週数多くのタイトルがリリースされており、多い場合は1日に10本ほど発売されることもある。新作であっても、2週間もすれば「NEW」のページから消えてしまうこともあるほどである。ニンテンドーeショップの検索性の向上はユーザーからの要望が高く、任天堂もそれに応えようと取り組みを続けているようだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog