ロシアがSteamフォーラムへのアクセス遮断を表明 「マリファナの会話」が原因に

ロシア連邦の政府機関が、ValveのPCゲームプラットフォームSteamのフォーラムをブラックリスト入りさせたことが明らかとなった。ロシア国内の通信と情報技術、マスメディアを監視する「Roskomnadzor(ロスコムナドゾール)」が、ロシアのSNS「VK」の公式ページにて発表した。現地のユーザーたちの反応を見る限り、現時点でロシア国内からSteamフォーラムへの接続は制限されていないが、Valveが同ページを削除するか返答しない場合、近日中にもアクセスが遮断される可能性がある。

 

スポンサーリンク


ws003002

「マリファナ」の会話が原因に

 

ロスコムナドゾールは、Steamフォーラム上には違法な情報が掲載されており、さらに削除要請に対してもValveが反応を示さなかったと説明している。問題となったページは、2011年にユーザー「Stефа#._」によって投稿されたトピック「マリファナを吸うべき20の理由」だ。マリファナは身体的に害はない存在であり、ほかの一般的な食品などと同じだとするほか、うつ病といったメンタルヘルスに有用であると訴える内容となっている。およそ4年前の投稿であり、このユーザーのアクティビティ履歴はすでに2年前から途絶えている。なぜいまになってロスコムナドゾールがこのトピックに注目したのかは定かではない。

地元メディアのTJournalは、SteamコミュニティとSteamゲームページが異なるドメインで運用されていると指摘しており、フォーラムへのアクセスが遮断されたとしても、ロシアのSteamプレイヤーがゲームをプレイできない状況にはならないとみられている。同メディアはさらに、Valveの従業員とコンタクトを取っていると伝えており、該当のページを削除することについてValveが議論を始めたとも報じた。なお本記事の執筆時点で、件のページはまだアクセス可能な状況だ。

 


ロシアで続く通信規制

 

ロスコムナドゾールは通信情報や通信機能の制御および監督、またマスメディアの管理のほか、ロシアのインターネットの検閲フィルターを設定する機関でもある。同機関は、2013年には「Cannabis Smoking(マリファナ吸引)」が掲載されたとして、ロシア版Wikipediaをブラックリスト入りしたことを明らかにした。2014年にも、Twitter上の過激な一部アカウントへのアクセスを遮断するよう要求している。今年に入ってからも、ビットコインに関するサイトへのアクセスを遮断すると発表している

昨年12月、ロスコムナドゾールは「自殺マニュアル」の掲載を巡り、GitHubへのアクセスを遮断した。GitHubはその要求に応える形で、ユーザーから自殺マニュアルへの接続をブロックした。今回の件でも、Valveが問題のトピックを即座に削除するのか、ロスコムナドゾールの要求にどのように対応するかが鍵となる。

 

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog