『逆転検事』の“御剣のドッグラン爆走ネットミーム”、キャラデザイナーの岩元氏に発見される。エレガントに駆け回る敏腕検事・御剣怜侍

 

カプコンは6月19日、『逆転検事1&2 御剣セレクション』を9月6日に発売すると発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)およびNintendo Switch/PS4/Xbox One。発表を受けて盛り上がる『逆転裁判』ユーザーたちの間で話題になっていた「走る御剣」の動画がキャラクターデザインを務める岩元辰郎氏の目に留まり、同氏の笑いを誘ったようだ。

『逆転検事1&2 御剣セレクション』はカプコンが手がける『逆転検事』シリーズのリマスター作品だ。オリジナル版は『逆転裁判』シリーズのスピンオフタイトルとしてニンテンドーDSやモバイル向けに発売された作品。同シリーズに登場する検事・御剣怜侍を主人公とし、捜査で証拠を集め、法廷にて真実を暴いていく。

本作においては、ゲーム内のミニキャラクターのビジュアルも一新されることが発表されている。オリジナル版のキャラクターデザイナーである岩元辰郎氏の手によって新たに書き下ろされることが明かされ、その新たなビジュアルも発表されていた。またゲーム内ではオリジナル版のドット絵で描かれるクラシックなグラフィックにも切り替えることができ、新旧どちらのグラフィックも楽しめるようだ。


そしてリマスター版の発表に際し、あるXユーザーがオリジナル版『逆転検事』のミニキャラクターグラフィックで作成された、「ドッグランを走る御剣」動画に言及。そしてこの動画がキャラクターデザインを務める岩元氏の目に留まったようだ。ちなみに同氏は『逆転裁判3』までのシリーズ作品や『逆転検事』シリーズで御剣の声を担当していた人物でもある。そんな同氏いわく“御剣のドッグラン動画”は「初めて見た」とのこと。ドッグランを走り回る御剣の姿に爆笑している様子もうかがえる。

岩元氏の目に留まったこの動画は、2022年にCoolCarGuy氏によって投稿された以下の「Edgeworth Runs A Dog Race」という動画の一部を切り抜いたものとみられる。御剣怜侍の英語版の名前はMiles Edgeworthのため、動画タイトルは「ドッグランを走る御剣」といった意味になる。そのまんまである。

なぜ御剣がドッグランを走らされているのかは定かではない。ただ、同じドッグランを「シュレック」が走る動画もこの動画の以前から存在。ドッグランを何らかのキャラクターに走らせるネットミームのバリエーションとして、御剣バージョンが作られたようだ。

オリジナル版の『逆転検事』においては、捜査パートで証拠を探すためにドット絵で描かれた御剣が自らマップを探索。立ち絵や会話が基本となる『逆転裁判』シリーズとは違って、プレイヤー自身で御剣を直接操作することが可能な点が作品の特徴でもあった。そこで見せる、表情豊かで動きにあふれる御剣のミニキャラクターのビジュアルが、CoolCarGuy氏を「御剣をドッグランの動画と組み合わせる」という発想に至らせてしまったのかもしれない。

『逆転裁判』シリーズの中で御剣は時おりチャーミングさものぞかせるものの、出自や検事という職業柄もありクールなイメージが強い。その御剣が真顔でエネルギッシュにドッグランを走り回る姿が海外の『逆転裁判』ファンに受けていたようで、動画はYoutube上で約38万回再生を記録。この動画について語るRedditスレッドも賑わいを見せており、シーソーが傾くのを待つ間、紅茶をたしなむ御剣の姿が大好評のようだ。“御剣らしいドッグラン”を感じられる細やかな遊び心も、人気の一因だろう。コミュニティに浸透した結果、2年前に投稿された動画が今回ついに岩元氏の目に留まり、同氏の笑いを誘っているかたちだ。

『逆転裁判』シリーズとはひと味違うアニメーションも楽しめる『逆転検事』シリーズ。表情豊かなミニキャラクターのグラフィックは妙な愛され方もしている様子だ。なおリマスター版となる『逆転検事1&2 御剣セレクション』では、岩元氏により御剣をはじめとするさまざまな登場人物のミニキャラクターのビジュアルが一新される予定。新たなビジュアルで描かれることになるであろう「走る御剣」の姿にも期待が高まるところだろう。

逆転検事1&2 御剣セレクション』は、PC(Steam)およびNintendo Switch/PS4/Xbox One向けに9月6日リリース予定だ。