新作『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』では「マリオの声優」交代へ。“先代マリオ”のシリーズ声優引退を受けて


任天堂は8月21日、チャールズ・マーティネーさんが、『スーパーマリオ』シリーズのマリオらの声優を今後務めないことを明らかにした。最新作『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』でもマリオを別の声優が担当するという。米IGNなどを通して、任天堂が伝えている。


『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』は、横スクロールを特徴とする『スーパーマリオブラザーズ』シリーズの完全新作だ。Nintendo Switch向けに10月20日に発売予定。本作では、新アイテム「ワンダーフラワー」に触れることで、コースの遊びが大きく変化。土管が動き出したり敵の大群が出現したり、別の姿に変身することもできるという。最大4人プレイに対応するほか、マリオやルイージのほか、キノピオやピーチ、デイジー、ヨッシーもプレイアブルキャラとして登場予定だ。

『スーパーマリオブラザーズ』シリーズでは、『スーパーマリオ64』以降の多くの作品でチャールズ・マーティネー(Charles Martinet)さんがマリオをはじめ複数のキャラを演じてきた。マーティネーさんが演じたのは、ルイージやワリオ、ワルイージ、ベビィマリオやベビィルイージなど多岐にわたり、「単一キャラクターとして100作のゲームに出演したギネス世界記録」に認定されるほどである。

一方で、最近では映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」では、マリオやルイージを別の俳優が演じるなど、マリオのパブリックイメージも多彩化してきた。そうしたタイミングもあってか、マーティネーさんは『スーパーマリオ』シリーズのマリオらの声優から身を引くようだ。任天堂公式X(旧Twitter)アカウントが昨日、今後マーティネーさんがマリオらの声優を務めることがなくなると明かしている。マーティネーさんは新たにマリオの親善大使に就任し、ファンとの交流を続けていくという。


さらに米IGNなどの海外メディアによると、米任天堂の広報担当者は最新作『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』でもマーティネーさんがマリオを演じないことを明かしたという。なお新たなマリオの声優についてはゲームのクレジットにてお披露目されるようで「発売日までお待ちください」とのことだ。またEurogamerによれば、声優交代の理由は「さまざまな要素を慎重に検討した結果」であると伝えられている。

【UPDATE 2023/8/22 10:33】
声優交代の理由について追記

ちなみに『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』のゲームプレイ映像については、現在6月の発表時のトレイラーのみが公開されている。2分42秒の短い映像ながら、マリオの声を確認できるシーンは複数存在。こちらの映像時点で、すでに一部ファンは声の違いを見抜いていたようである。


そのほか『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』では、マリオがゾウに変身するといった興味深い新要素も明かされている。そんな新作のマリオの声を一体誰が務めるのかは気になるところで、ゲームクリア時などに確認できるであろうクレジットも注目される。なおマーティネーさんのマリオなどの声優引退に際しては、代表取締役フェロー宮本茂氏によるメッセージ映像も公開予定となっている。

『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』は10月20日、Nintendo Switch向けに発売予定だ。