バトロワ剣戟アクション『NARAKA: BLADEPOINT』7月14日に基本無料化へ。PS5版も同時配信予定


NetEase Gamesは7月6日、バトルロイヤル剣戟アクションゲーム『NARAKA: BLADEPOINT』について、7月14日12時より全プラットフォームで基本無料化すると発表した。同時にPS5版も配信開始される。本作はPC(Steam/Microsoft Store)/Xbox One/Xbox Series X|S向けに発売中。Xbox/PC Game Pass向けにも提供されている。


『NARAKA: BLADEPOINT』は、東洋風の世界を舞台に、最大60人のプレイヤーが最後の1人になるまで戦う、バトルロイヤルスタイルの剣戟アクションゲームだ。個性的なスキルをもつ武者たちがプレイアブルキャラクターとして用意され、三すくみシステムをもつ近接武器や遠距離武器、また高速で場所移動できる鈎縄なども駆使したバトルが展開される。

本作はちょうどリリースから2周年を迎え、全世界のプレイヤー数は2000万人を突破。このタイミングで、7月14日12時より基本無料化されることが発表された。これまでに本作を購入し、7月14日以前にゲーム内キャラクターを作成しているプレイヤーには、各バージョンの購入価格と同等のゲーム内金塊などの記念特典がプレゼントされる。また基本無料化後には、多くの特典が含まれる3つのアドバンストパッケージが販売されるそうだ。

そして基本無料化にあわせて、PS5版がリリースされることも明らかに。これを記念した限定特典も用意され、PS5版をダウンロードしログインすることで、限定の頭部飾りや経験値ボーナスなどを入手可能だ。

 


また、本作では2周年を記念したアップデートが順次おこなわれており、12人対12人の新勢力対決モード「地脈の戦」が6月30日に実装。小規模ならではの爽快な戦闘を体験できるほか、無限復活や特殊魂玉などの新機構も特徴だ。また、槍と刃を組み合わせた新武器「双戟」も登場。このほか、2周年記念キャラクタースキン「山海経」シリーズが、7月14日のアップデート後に順次実装され、バトルパスを通じて入手可能になるそうだ。

また8月には、新キャラクター「玉玲瓏(ぎょく れいろう)」が登場予定。玉玲瓏は、九尾の狐と交信する能力を持つ隐族通教“涂山氏”の出身で、1000歳の九尾の狐の魂と融合したその一族の“希望”となるキャラクターだという。スキルは、敵に影響を与える“呪文”をモチーフに、異なる選択で異なる効果(敵を集めるか、解散させるか)をもたらすそうだ。そして必殺技として、1000年前の狐の悪魔を召喚して敵に突撃させ、敵の魂を奪うというという技をもつ。魂を奪われた敵は、制限時間内に魂を取り戻さなければ、数秒間続く“魅了”状態になり、攻撃もスキルも使えなくなる。


『NARAKA: BLADEPOINT』は、PC(Steam/Microsoft Store)/Xbox One/Xbox Series X|S向けに発売中。Xbox/PC Game Pass向けにも提供されている。そして7月14日12時に基本プレイ無料化され、同時にPS5版もリリースされる。