ハイスピード・メカアクション『ニンバス・インフィニティ』Steamにて6月22日正式リリースへ。宇宙と空を自在に駆ける超高速バトル


パブリッシャーのGameTomoは6月8日、GameCrafterTeamが手がけるハイスピード・メカアクションゲーム『ニンバス・インフィニティ(Nimbus INFINITY)』を、6月22日に正式リリースすると発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)で、現在早期アクセス配信中。

『ニンバス・インフィニティ』は、2100年の未来の地球を舞台にしたハイスピード・メカアクションゲーム。2017年にリリースされた『プロジェクト・ニンバス』の後継作だ。本作の世界では、地球を二分する戦いのあと、アメリカを中心としたCFN中央政府が地球上の全勢力を統率。一方で、人類の半数は新天地を宇宙に求め、軌道上にはそのスペースコロニーが存在する。そして、世界の均衡がふたたび崩れようとするなか、主人公である普通の高校生イワタ・タイヨウは墜落したバトルフレームに偶然出会い、宇宙での戦いに巻き込まれていく。

本作にてプレイヤーは、バトルフレームと呼ばれる人型汎用兵器を操縦して戦い、新世代のパイロットたちを取り巻く物語を体験する。バトルフレームには、ハンドガンやライフル、ミサイル、キャノンなど性能の異なる兵装が用意され、デコイや迷彩などの装備と組み合わせて独自のロードアウトを作成可能。目的と任務に合わせて装備を選択し、多様なギミックが用意されたマップにて、空中を自在に駆けるハイスピードメカアクションにて戦うのだ。



本作は2022年2月にSteamにて早期アクセス配信が開始。それからさらに開発が進められるなかで、ミッションや各種システムの追加、ゲームバランスの調整、バグ修正などがおこなわれてきた。プレイヤーからの要望に応え、コックピット視点も導入されている。

正式リリースに合わせたアップデートの内容については、現時点ではまだ詳細が公開されていないが、新たなミッションやストーリー、ゲームプレイ要素、ボスバトルなどが追加予定。ストーリーについては、その完結が期待されるところだろう。ほかにも、プレイヤーからのフィードバックをもとにした要素も多数用意されるとのこと。

『ニンバス・インフィニティ(Nimbus INFINITY)』は、PC(Steam)にて早期アクセス配信中。そして6月22日に正式リリース予定だ。