ベヨネッタの英語版元声優、降板理由はギャラが安いからとし『ベヨネッタ3』のボイコットをファンに呼びかけ。一方、開発者は暗に反論か

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

俳優のHellena Taylor氏は10月15日、自身のTwitterアカウントを通じて声明を発表した。同氏は『ベヨネッタ』シリーズの主人公ベヨネッタの英語版声優を務めてきたが、新作『ベヨネッタ3』では降板。声明では降板した理由を明かし、さらにファンに対して新作のボイコットを呼びかけた。

Taylor氏は、俳優や脚本家として活動しながら、声優としても活躍している人物だ。ゲーム作品に声優として参加することも多く、これまでには『ベヨネッタ』『ベヨネッタ2』の主人公ベヨネッタや、彼女の母親ローサの英語版ボイスを担当。また、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズや『マックス アナーキー』に参戦したベヨネッタ、および『ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者』や『Dragon Age: Origins』などにも携わっている。


『ベヨネッタ3』でのベヨネッタの英語版ボイスには、これまでずっとベヨネッタを演じてきたHellena Taylor氏が再登板するものと思われたが、今年10月になって降板することが正式に公表。代わりにJennifer Hale氏が担当することとなった。Hale氏もまたゲーム作品の声優として活躍している俳優で、たとえば『Mass Effect』シリーズの主人公シェパードの女性版や、『オーバーウォッチ』のアッシュなどを担当している。

主役声優の交代について、開発元プラチナゲームズの本作のディレクター宮田祐輔氏は、“さまざまな事情が重なった”ために、Taylor氏をふたたび起用することが困難になったと説明していた(Nintendo Everything)。具体的な理由については明かされなかったかたちとなるが、今回Taylor氏はその背景を赤裸々に語った。

端的にいうと、Taylor氏は報酬が少なすぎることを理由に、新作でのベヨネッタ役を自ら降板したようだ。同氏は、俳優・声優としていくつもの名門学校で長年学び、実績を積んできたことに触れたうえで、『ベヨネッタ3』のベヨネッタ役の報酬として4000ドル(約60万円)を提示されたと主張。同シリーズおよびそのファンに捧げてきた時間と自身の才能からすると、そのような金額は侮辱的であると述べる。なお同氏は、4000ドルは最終的なオファーであったと述べていることから、当初はさらに低い金額が提示されていた可能性がありそうだ。

米国でのゲーム作品の声優に支払われる報酬について、俳優のLily Emil Lammers氏は、もし1日4時間の収録を4セッションこなして完了する仕事であれば、全米映画俳優組合の規定に従うと4000ドル程度の報酬がベースになるだろうと指摘。ただ、声優のJarrod Greene氏やボイスディレクターのEliana Zebro氏は、本件においては、4000ドルでは少ないという見立てを示している。またZebro氏は、有名作品の顔となるキャラクターの声優に、一般的な報酬レートを当てはめるのは妥当ではないとの考えも述べている。
【UPDATE 2022/10/17 12:20】
業界人による4000ドルへの相場観について追記

Taylor氏はオーディションを経たうえで、『ベヨネッタ3』のベヨネッタ役に一度は選ばれたそうだ。その後同氏は、『ベヨネッタ』シリーズのディレクターやシナリオを担当し、本作ではエグゼクティブディレクターを務める神谷英樹氏に、自身の“価値”について問う内容の手紙を日本語で送ったという。

Taylor氏によると、神谷氏は初めてミーティングをした当時のことを振り返りつつ、同氏のシリーズへの貢献を称え、ファンも再登板を望んでいるとする内容の返信をしたとのこと。しかし、提示された報酬は4000ドル。またTaylor氏は、プラチナゲームズは同氏の降板の理由として、多忙であるためと説明していたと主張。Taylor氏自身は時間はあったとして、虚偽の説明をされたことを示唆した。

そしてTaylor氏はファンに対し、『ベヨネッタ3』をボイコットし、その購入に充てる予定だったお金をチャリティ団体に寄付するよう呼びかけた。また同氏は、今回の声明は秘密保持契約を破ったうえでの行動であることを示唆。そのうえで、ベヨネッタはいつも弱者の側に立ち、正義のために戦う人物であるとして、ファンに対しても同じように行動するように求めた。

なお、Taylor氏が声明を投稿してから約2時間後、プラチナゲームズの神谷英樹氏が自身のTwitterアカウントにて英語でのツイートをしている。その内容は、「虚偽の意見に触れ、悲しく嘆かわしい」「いま言えるのはそれだけである」というもの。Taylor氏の声明に対してのツイートかどうかははっきりしないものの、もしそうであればTaylor氏の主張のいずれかの部分、あるいはすべてが、神谷氏の認識とは異なるのかもしれない。

主役声優の交代というのは大きな出来事であり、『ベヨネッタ3』の事例については海外では大きく報じられた。それだけに、今回のHellena Taylor氏の告発ともいえる内容の声明については、大きな反響を呼んでいるようだ。一方で、上述した神谷氏のツイートにより、声明のどこまでが真実なのか第三者には判断し難い状況となっている。

いずれにせよ、海外の『ベヨネッタ』ファンとしては、円満に解決されるように望むところだろう。また一部では、本作の発売を延期し、Taylor氏を再起用することを求めるオンライン署名活動がおこなわれているようだ。実現はしなくても、Taylor氏をサポートしているファンがいることを示したいとのこと。

『ベヨネッタ3』は、Nintendo Switch向けに10月28日発売予定。なお、日本語版のベヨネッタの声優は、これまでのシリーズ作品に引き続き田中敦子氏が担当する。

【UPDATE2 2022/10/18 13:30】

『ベヨネッタ3』にてベヨネッタの英語版ボイスを担当する俳優のJennifer Hale氏は10月18日、自身のTwitterアカウントを通じて声明を発表した。明言はしていないが、今回のHellena Taylor氏による声明を受けてのコメントと思われる。

Hale氏は声明にて、声を仕事にするコミュニティに長いあいだ所属している身として、あらゆる俳優が十分な報酬を受け取る権利があると、何年にもわたり一貫して訴えてきたとコメント。また、同僚に対しては常に大きな敬意を払っており、コミュニティのすべてのメンバーを擁護するとした。

そのうえで同氏は、秘密保持契約を結んでいるため“この状況”について自由に語ることはできないとしつつ、『ベヨネッタ3』はチーム全体が熱心に取り組んで制作した作品であることを心に留めおき、本作については広い心で受け止めてほしいとファンに対して訴えた。また、すべての関係者が友好的かつ敬意を払うかたちで、意見の相違が解決されることを望むとも述べている。

Taylor氏が声明を発表して以降、『ベヨネッタ3』の開発元プラチナゲームズや神谷英樹氏のTwitterアカウントに対しては、出演声優に十分な報酬を提示しなかったとみなしての批判ツイートが殺到している状況にある。今回のHale氏の声明は、円満に問題が解決されることを望むとしたうえで、本作には数多くのスタッフが携わっており、一部の問題でボイコットにまで発展することへの懸念を示したものと受け取れる。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

国内外のゲームニュースを好物としています。購入するゲームとプレイできる時間のバランス感覚が悪く、積みゲーを崩しつつさらに積んでいく日々。