人気アプリ『我が天下』『戦国布武~我が天下戦国編~』会社、コーエーテクモゲームス作品への著作権侵害を認める。和解および賠償へ

『我が天下』
advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

コーエーテクモゲームスは6月3日、中国の杭州绝地科技股份有限公司に対して起こしていた著作権侵害等の行為に関する訴訟について、杭州绝地科技股份有限公司が著作権侵害を認めることなどを内容とする和解が成立したと発表した。 

コーエーテクモゲームスは2020年1月17日、杭州绝地科技股份有限公司に対し著作権侵害等の行為の差止および、当該行為から生じた損害の賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起していた。杭州绝地科技股份有限公司は、Bekko.comのブランド名にて『我が天下』『戦国布武~我が天下戦国編~』『三国炎血伝』などのスマートフォン向けゲームアプリを配信・運営 していた企業だ。 

ちなみに『我が天下』『戦国布武~我が天下戦国編~』は、現在でも国内ストアのセールスランキングでも上位に入ることのある人気タイトルだ。人気ゲームが著作権侵害したまま多大な収益を得ていた、というところもポイントになるだろう。  

裁判内容としてはこうだ。コーエーテクモゲームスは、同社の『真・三國無双』『信長の野望』『三國志』および『太閤立志伝』の音楽やゲーム画像が、同社の許諾を得ることなく、杭州绝地科技股份有限公司のゲームアプリのWeb広告などに継続的に利用されていると主張。コーエーテクモゲームスは、この利用行為を著作権侵害等に該当すると判断し、東京地方裁判所に提起していた。 
 

『信長の野望・新生』

 
そして2年が経過した本日6月3日、コーエーテクモゲームスは訴訟の和解に関するリリースを発表。裁判所は、杭州绝地科技股份有限公司の『我が天下』『戦国布武』および『三国炎血伝』に関する広告画像13種(以下、被告画像)および広告動画1種(以下、被告動画)について、コーエーテクモゲームスの著作権、著作隣接権、及び著作者人格権を侵害するものであり、その態様も悪質といわざるを得ないと判断すると述べた上で、概要以下の条件による和解を勧告したという。 
 

 
(1)杭州绝地科技股份有限公司は、コーエーテクモゲームスに対し、被告画像及び被告動画の利用が、コーエーテクモゲームスの著作権、著作隣接権及び著作者人格権を侵害することを認め、当該利用について謝罪する。 

(2)杭州绝地科技股份有限公司は、コーエーテクモゲームスに対し、解決金として金500万円を支払う。 

(3)杭州绝地科技股份有限公司は、和解成立日時点で、被告画像及び被告動画のデータが杭州绝地科技股份有限公司の保有するすべての記録媒体から抹消されていることを誓約する。 

(4)杭州绝地科技股份有限公司は、被告画像の公衆送信及び被告動画の送信可能化(インターネット上にアップロードすること等)をおこなわない。 
 

 
当初、杭州绝地科技股份有限公司からは、侵害を認めた上で和解の申し入れがあったが、コーエーテクモゲームスは、これを受け入れることなく同社の著作権等を侵害している旨の判決を求めてきたという。これは、「他人の著作物を無断で利用しても、それを指摘された際に和解金を支払いさえすれば解決できる」という安易な認識を排除するための方針だったとしている。コーエーテクモゲームスは、同社の著作物の無断利用は、ユーザーに対し、当該ゲームがコーエーテクモゲームスのものであるとの誤認を与え得る行為であると言及。このような行為は、ユーザーにも不利益を与えるものであることから、同社としては、権利侵害に対して毅然とした対応をおこなったとしている。 

一方で、今回裁判所から示された和解勧告では、侵害の事実が認められ、その態様についても悪質であると判断された。杭州绝地科技股份有限公司においても侵害を認め、上記条件を受け入れた上でコーエーテクモゲームスに謝罪している。そのため、コーエーテクモゲームスとしては、今回の条件による和解であれば、同社の知的財産権保護の方針に沿うものであると判断し、和解を受け入れることにしたという。  
 

『太閤立志伝Ⅴ DX』

 
コーエーテクモゲームスグループでは、今後も、国内・海外を問わず、著作権等の知的財産権の侵害行為に対して引き続き厳格に対応すると同時に、多くのユーザーの皆様にご満足いただけるゲームを開発及び提供できるように努力していくとしている。 



※ The English version of this article is available here

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る