『ニーア リィンカネーション』1000万ダウンロード突破。“ニーアらしさ”あふれる物語体験を詰め込んだモバイルゲーム

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スクウェア・エニックスは3月4日、現在配信中の『ニーア リィンカネーション』のダウンロード数が1000万を突破したと発表した。リリース開始から2週間での達成となる。


『ニーア リィンカネーション』は、高い人気を誇るスクウェア・エニックスの『ニーア』シリーズ最新作だ。アプリボットが開発を担当し、ヨコオタロウ氏がクリエイティブディレクターを担当。iOS/Android向けに2021年2月18日より、基本プレイ無料タイトルとして配信されている。

主人公は、白髪の少女。記憶を失っている彼女は、“ママ”を自称する謎の存在に導かれ檻(ケージ)と呼ばれる場所を探索していく。ゲームとしては、主人公をバーチャルパッドにて操作し3D空間を進んでいく探索パートと、横スクロールで展開されるノベルパート、そして敵と対戦する戦闘パートで構成されている。檻を進んでいき、記憶にふれ、その中で戦うというゲームサイクルになっている。


本作はモバイルゲームとして開発されており、ガチャシステムなども採用されている。アクション要素はなく、戦闘もオート+スキル発動形式。アクションRPGとして定着している『ニーア』シリーズとは、ゲームプレイ面は大きく違う。一方で、ファンになじみある3Dモデルや先の見えないシナリオ、容赦ない演出やMONACAによる美しい音楽など、『ニーア』シリーズの特徴が出た作品に仕上げられている。モバイルゲームとして最適化しつつ、ファンの期待に応えるつくりになっており、それが数字にも出ているだろう。

物語は順次追加する形式が採用されており、3月9日には新章となる「炎砂の章」が追加され、ストーリーの続きが見られるわけだ。同章では“復讐にかられた少年”の物語が描かれるとのこと。どのような内容になっているのだろうか。また2月28日よりイベントクエスト「記録:狂妄の巣」が開催されているので、こちらも周回しておくとよさそうだ。


『ニーア リィンカネーション』は、iOS/Android向けに配信中だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る