NVIDIA「GeForce RTX 3060 Ti」発表、本日発売へ。前世代ハイエンドモデルの性能を凌駕する新世代ミドルレンジGPU

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

NVIDIAは12月1日、Ampereアーキテクチャを採用する新世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズの新モデルとして「GeForce RTX 3060 Ti」を発表した。国内価格は5万9980円。本日12月2日より順次販売されるとのこと。


GeForce RTX 3060 Tiは、NVIDIAの第2世代RTXアーキテクチャ「Ampere」を採用するミドルレンジモデルのGPUだ。シリーズ内の位置づけとしては、GeForce RTX 3070の下位モデルとなる。その性能は、前世代アーキテクチャ「Turing」を採用したハイエンドモデルであるGeForce RTX 2080 SUPERを凌駕するという。また前世代のミドルレンジモデルであるGeForce RTX 2060 SUPERと比較した場合、約1.4倍の性能を誇る。1080pおよび 1440p解像度における快適なゲームプレイを実現するGPUとして、コストパフォーマンスに優れた選択肢となりそうだ。


主な仕様としては、4864基のCUDAコアを搭載。ベースクロックは1.41GHz、ブーストクロックは1.67GHz。メモリは8GBのGDDR6で、バス幅は256bitだ。リファレンスモデルとなる「ファウンダーズ エディション」は、HDMI 2.1・DisplayPort 1.4a x3と4系統の出力インターフェイスを備える。消費電力は200Wで、600W以上の電源ユニットが推奨されている。

GeForce RTX 3060 Tiは、リアルタイムレイトレーシングをはじめ、Tensorコアを用いるAIレンダリングテクノロジーであるNVIDIA DLSSに対応。対応ゲームのフレームレートを高めつつ、美しく鮮明な画像品質を実現する。またゲームプレイ時の遅延を低減するNVIDIA Reflexや、AI機能によってライブストリーム時のノイズ除去や品質向上を図るNVIDIA Broadcastにも対応している。そのほか、HDMI 2.1による最大8K解像度の出力もサポートする。

本製品の発表にあたって、NVIDIA のグローバル GeForce マーケティング担当バイスプレジデントであるMatt Wuebbling氏は「私たちはホリデーシーズン中、レイトレーシングが実装された『サイバーパンク2077』『Call Of Duty: Black Ops Cold War』『ウォッチドッグス レギオン』などのゲームを楽しむことができます。ゲーマーが最先端のレイトレーシングを実装したゲームや、クリエテイティブかつ生産的なワークフローによるパワーを楽しむには、GeForce RTX 3060 Ti や他のRTX 30 シリーズ以上のものはありません」と述べている。


現在発売済みのAmpereアーキテクチャを採用するGPUの価格は、GeForce RTX 3070が7万9980円、GeForce RTX 3080が10万9800円、GeForce RTX 3090が22万9800円となっている。今回発表されたGeForce RTX 3060 Tiの価格は5万9980円ともっとも安価。パワフルな性能を持つ新世代GPUに手が届かなかったユーザーも、あらためて購入を検討してみる価値がありそうだ。

GeForce RTX 3060 Ti」は、本日12月2日より順次販売予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る