USJの任天堂エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」2月4日にオープン決定。アトラクション内容の一部も初公開

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは11月30日、大阪で開園されているテーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパンにおける、任天堂をテーマにした新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の開業日を2021年2月4日に決定したと発表した。あわせて、エリア全景やアトラクションの一部が初公開されている。


「スーパー・ニンテンドー・ワールド」は、任天堂のキャラクターやゲームの世界を、革新的なアイディアと世界最新鋭のテクノロジーによって現実世界に再現する、大規模な新エリアだ。来年に開業20年の節目を迎えるユニバーサル・スタジオ・ジャパンの目玉として、初の多層式エリアとして登場する。

エリア内には、マリオの世界を象徴するピーチ城やクッパ城がそびえ立ち、マリオカートをテーマとしたライド・アトラクション「マリオカート ~クッパの挑戦状~」や、ヨッシーに乗ってお宝探しの冒険へ出発するライド・アトラクション「ヨッシー・アドベンチャー」、レストランやショップが登場する。従来のテーマパークならではの体験はもちろん、ゲームの楽しみをテーマパークに最適化した“これまでにないアソビ体験”ができるという。


本日公開された「クッパ城」の内部は、石造りの壁で囲まれており、トゲトゲしく尖った鉄柵や鋼鉄の扉、今にも動き出しそうな巨大なクッパの石像が中央の大階段に飾られている。独特の重厚感あふれる造りで、ゲームの世界が忠実に再現されているのだ。この城内の最深部には「マリオカート ~クッパの挑戦状~」が存在する。

「マリオカート ~クッパの挑戦状~」は、現実世界にいながら、まるでマリオのようにゲームの世界に全身で飛び込めるライド・アトラクションだ。ゲストは実際にゲームで慣れ親しんだカートに乗り込み、ヘッドセットを装着し、ハンドルを握ってレースを迎える。レース中は、アイテムボックスからゲットしたこうらを投げて敵を撃退。マリオやピーチ姫とともに、一位の座を競ってコースを突き進んでいく。レースの勝敗など、乗るたびに展開の異なる体験が待っている。


このアトラクションには、ARやプロジェクションマッピング、スクリーン投影映像など、数々の世界最新鋭の映像技術やスチームなどの特殊効果が採用されている。それらに歴代のゲームの名シーンと、コース上に再現する精巧な舞台セットが組み合わさることで、現実世界にマリオカートの世界が生み出されているのだ。宮本茂氏をはじめとする任天堂のクリエイティブチームとユニバーサル・スタジオ・ジャパンのタッグが6年越しの思いを込めて送り出す、世界初となる等身大のマリオカート体験が楽しめることだろう。


また、パーク内で購入できる「パワーアップバンド」とスマートフォンアプリを連動させることで、ハテナブロックを叩いてコインを獲得したり、キャラクタースタンプを集めたりと、マリオのように全身を駆使して躍動するアクティビティがエリア内で楽しめる。また、クッパJr.が盗んだゴールデンキノコを取り返す「キーチャレンジ」と称するアトラクションも体験できるようだ。なおスマートフォンアプリでは、獲得したコイン数のランキングが確認でき、他のゲストとリアルタイムで競い合うことも可能だ。

「スーパー・ニンテンドー・ワールド」は、家族や友人と時間と場所を共有し、全身に宿る“アソビの本能”を解放すればするほど楽しめるエリアになっているという。2月4日のグランドオープンを待ちつつ、さらなる情報公開も楽しみにしておこう。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る