『One Dollar Simulator』Steamにて2月13日発売へ。岩の上にある「1ドル」を、ただながめるだけのゲーム

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

インディースタジオFunny Twinsは、『One Dollar Simulator』を2020年2月13日にSteamにて発売すると発表した。『One Dollar Simulator』は、1ドル札をながめるシミュレーター。ただただ、1ドルを見つめ続けるだけだという。

暖かな日差しが差し込む、うららかな午後。鳥たちがさえずっている。周囲は緑にあふれており、ピクニックに行くのも昼寝をするのもいい環境だ。どうやらここは森であるという。そんな自然豊かな場所で、プレイヤーは、目の前にある岩に挟まれた「1ドル札(アメリカドル)」をながめることになる。単にながめるだけではなく、角度を変えたり、近づいたりしながら、いろんな形でながめることが可能。札には物理演算が導入されているようで、そよ風に合わせてなびくというこだわりっぷり。そのほか、周りを見回してほかのものを探すこともできるようだ。

Steamストアでも、「あなたのドル札は逃げないですし、誰も盗みません。いつも同じ場所であなたを待っています!」という文言が確認でき、ゲーム内容を察せさせられる。 逃げないというより、岩に挟まれて逃げられないという表現が適切かもしれない。 1ドル札は、いつまでもながめることができるそうだ。一方で、飽きた際にはWボタンを押すことでドル札を「所持」することができ、配慮が行き届いている。開発元は本作を「実のところ、2020年最高のシミュレーターです」と紹介している。なお2020年は暦どおり12月まで存在している。

美しい自然の中で、生きるために必要なドル札を前にして「いつでも手にすることができる」という余裕を抱きながら、時間を浪費する。『One Dollar Simulator』は、禅的でありながら、どこか資本主義を風刺する作品になりそうだ。もしかすると、こうした体験によって、溢れ出る金欲を抑制できるかもしれない。

なおこの手のジャンルは意外に競争が熾烈。シミュレーターの冠こそないが、ただ山をながめ続けるという哲学的なゲーム『Mountain』が根強い人気を誇る。そのほか、岩になり風に吹かれる『Rock Simulator』や木をながめ続ける『Tree Simulator 2020』といった作品も存在する。これらのタイトルは一定の評価を獲得しているが、それなりのこだわりやメッセージ性(もしくは笑いどころ)がないと、粗悪なシミュレーターと認定されてしまう。『One Dollar Simulator』は前衛的な作品として受け入れられ、ベストシミュレーターになるのか。もしくは低品質ゲームとして批判されるのか。2月13日には1ドル札の前に、心を無にして佇んでみてもいいだろう。

『Tree Simulator 2020』
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog