『スーパーマリオメーカー 2』大型無料アップデート12月5日配信へ。「リンク」に変身可能に、オリジナルアクションで遊び広がる

任天堂は12月2日、『スーパーマリオメーカー 2』の大型無料アップデートVer.2.0.0を12月5日に配信すると発表した。同作第二弾となる大型アップデートでは、新パーツやモードが追加されるほか、『リンクの冒険』『ゼルダの伝説』シリーズのリンクに変身できる要素が導入される。

スポンサーリンク

同アップデートで追加されるマスターソードを入手することにより、プレイヤーはリンクに変身することが可能に。本作においては数多くのスキンが導入されているが、リンクについてはスキンに留まるものではない。というのも、オリジナルのアクションが用意されており、ゲームの遊び自体を広げるからだ。リンクは剣を使ってさまざまな攻撃をすることが可能なほか、角度で打ち分け可能な弓矢や爆弾を使用することができる。ジャンプが基本となる『スーパーマリオメーカー 2』においては、まったく新しいアクションが導入されるわけだ。新アクションの導入により、これまでのコースとは違うアプローチでコースづくりができるようになる。

またオンラインモードについては、ハックンタイムアタックが導入される。任天堂が提供する専用のオリジナルコースを走るこのモードでは、ライバルのゴーストがハックンとして登場。可視化されたゴーストとゴールを競う。コースクリアのスタンプを集めればMiiのコスチュームゲット。また成績上位になれば、一定期間Miiのまわりをまわるスター獲得できるとのこと。そのほか、さまざまな新パーツも導入される。

・ガボン
ガボン登場、ガボンの用いた鉄球を絡めたギミックも利用可能に

・サンボ
サボテンライクな敵。当たるとダメージ、旧作どおりファイアーボールで対処可能

・こおったコイン
熱いものにふれると溶ける、対象はファイアーボールやファイアーバーなどさまざま

・Pブロック
Pボタンを押すと実体化、何があっても壊れない頑丈っぷり

・ダッシュブロック(3Dワールド限定)
乗ると素早く移動する

そのほか、詳細な内容についてアップデートが実施されたのちに確認できる更新データパッチノートを確認するといいだろう。なお任天堂は、『スーパーマリオメーカー2』は今後もアップデートしていくと告知している。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog