『FFXIV』プロデューサー/ディレクターがパッチノート朗読配信で着用していたパーカーが話題に。通販サイトにて「吉田直樹氏着用モデル」の記載も

スクウェア・エニックス開発・運営によるMMORPG『FINAL FANTASY XIV』(以下、FFXIV)のプロデューサー兼ディレクターであり、同タイトルを象徴する人物でもある吉田直樹氏が公式生放送で着用していたパーカーが大きな注目を浴び、注文が殺到するという事態になっている。ファッション通販サイトである「BUYMA」では、これを受けて商品ページに「吉田直樹氏着用モデル」の表記を追加するという対応までしている。

『FFXIV』は、本日パッチ5.1のアップデートを迎える。レベルキャップも開放される大型拡張である5.0『漆黒のヴィランズ』が発売されてから最初の大型アップデートであり、ヨコオタロウ氏や齊藤陽介氏を招いた『NieR』シリーズとの大型のコラボ企画である「YoRHa:Dark Apocalypse」が開始されるということでプレイヤーからの期待も高い。

スポンサーリンク

そんな『FFXIV』だが、大型アップデートの度に行われる「パッチノート朗読会」というイベントが存在する。読んで字のごとく、アップデート前のサーバーメンテナンス中に公開されるパッチノートを頭から朗読していく公式生放送のことなのだが、この朗読は『FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏本人によって行われる。パッチノートに記載されている各種変更点について、吉田氏が意図の解説や補足の説明もするため単純にパッチノートを読むよりも情報量が多く、同氏の落ち着いた語り口と合わせてプレイヤーからは非常に人気の放送となっている。今後のアップデート情報について話す「プロデューサーレターライブ」や各種ファンイベントにも現れる吉田氏は非常に露出が多い人物となっており、『FFXIV』の顔と言っても過言ではない。

多くのファンに親しまれている吉田氏だが、今回の5.1パッチのパッチノート朗読会ではその服装が注目されることになった。前面に大きくブランドロゴが描かれているパーカーを着て配信に現れた吉田氏だが、視聴していた『FFXIV』プレイヤー達はすぐさまこのブランドを検索、モデルを特定。コメントに反応して吉田氏本人がパーカーのブランドに言及したのもあり、件のパーカーにはなんと注文が殺到。いくつかの通販サイトでは在庫切れにまでなった。

急増した需要とその発端に対応してか、もしくはパッチノート朗読会を視聴していた『FFXIV』プレイヤーに担当者がいたのか、ファッション通販サイトである「BUYMA」ではこれを受けて該当モデルのページに「吉田直樹着用モデル」のテキストを追加。これがさらにSNS上で反響を呼び、Twitterのトレンドに「吉田直樹」が登場する事態にまで発展した。

『FFXIV』の最大責任者ということでトラブルやバグの際には名前を叫ばれたりはするものの、コミュニティからのフィードバックに真摯に対応し、開発側としてだけではなくプレイヤー目線で考えることも欠かさないことで知られる吉田氏は、コミュニティからの人気と信頼が非常に厚い。今回のパーカーにまつわる騒動も、いかに氏がプレイヤーベースに愛されているかということを示す一件と言えるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog