マンション広告の“宣伝ポエム”を組み合わせるアナログカードゲーム『ザ・ポエティックマンション』開発中。2019年12月発売目指す

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

国内のクリエイティブスタジオ「エコードワークス」が、『ザ・ポエティックマンション』のクラウドファンディングをCAMPFIREにて実施中だ。『ザ・ポエティックマンション』は、カードによってマンションポエムを生成するアナログゲーム。記事執筆時点で、製品化プロジェクトの目標金額である20万円はすでに達成済みであり、現在の支援総額は58万円以上にものぼっている。なお、製品版は税別2500円。2019年12月の発売が予定されている。

「マンションポエム」―――分譲中のマンションでの生活や空間そのものについて、詩的に綴られた謳い文句。時に暮らしの情景を想起させ、時に何を言っているのかまるでわからない、折込チラシやWeb広告、公式サイト上で目にする文章のことだ。

決して狙っているわけではないのだろうが、カタカナ混じりの日本語や、やたら人生や世界について華美なテキストで語られるキャッチフレーズは時折笑いを誘う。そんな「マンションポエム」を題材に、アナログカードゲームに仕立てた作品が「ザ・ポエティックマンション」となる。なお、「マンションポエム」自体が一部で人気となっており、Webサイトなどでも度々取り上げられているので、興味のある方は調べてみると良いだろう。

本作の目標は、より魅力的な「マンションポエム」を生み出して、成約を勝ち取ること。各ゲームでは、マンション販売側のポエマーと、「マンションポエム」によって人生を左右されてしまう顧客側のプレイヤーに分かれて進行。顧客役のプレイヤーが「テーマカード」を引いてラウンドのテーマを決定したら、ポエマーは「上の句」「中の区」「下の句」3つにわけて構成された「ポエムカード」を組み合わせて新たなマンションポエムを詠む。出来上がった「マンションポエム」から、顧客が成約するポエムを1篇選ぶというのが基本的な流れだ。

クラウドファンディングのキャンペーンページ上では、「揺るぎなき誇り、誰にも真似できない自慢の私邸席。」など本作で創り出されるポエムがいくつか紹介されているが、「マンションポエム」らしい語句が告知つきで並び、マンションについて何もわからず再現度が高い。またポエマーは、アクションカードによって「資料紛失」などのアクシデントを発生させられ、「上司のきまぐれ」によって1文節が強制的に書き換えられた結果、タワーマンション上層階から下界を見下ろす傲慢な住人となってしまった1文や、「悠久の人生」と「悠久の邸」で悠久が被ってしまったものも紹介されている。

開発元のエコードワークスのスタジオ周囲は、タワーマンションがやたらと生えてくる環境にあるといい、そうした日常やタワーマンション見学体験などの取材を元に作成されている『ザ・ポエティックマンション』。支援コースの最低額は3000円となっており、『ザ・ポエティックマンション』製品版1点に、クラウドファンディング限定のオリジナルアクションカード1枚と、ポエムワードの候補一覧表がPDF形式で付属する。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog