鬼ごっこ対戦ゲーム『オバケイドロ!』8月1日にNintendo Switch向けに配信へ。オバケ1人が3人の人間を捕まえる

フリースタイルは7月26日、『オバケイドロ!』を8月1日に配信すると発表した。対応プラットフォームは、Nintendo Switch。価格は税込1980円。最大4人までのマルチプレイに対応している。

スポンサーリンク

『オバケイドロ!』はケイドロを基にした対戦型アクションゲームだ。ゲームのルールとしては、まずプレイヤーがオバケ側(1人)とニンゲン側(3人)のどちらの役になるかを選択する。オバケ側は3分以内に全員を捕まえて牢屋の中に入れれば勝ちとなり、ニンゲン側は3分間ひとりでも逃げ切れば勝ち。『Dead by Daylight』などに代表される、非対称マルチプレイゲームである。

ニンゲン側は、ときに牢屋に囚えられた仲間を救うなど、うまくチームワークを見せながら、ランタンなどを用いてオバケをひるませつつ逃げ延びる。オバケ側は壁をすり抜けることができるほか、とくぎなど特別な能力を使いニンゲンたちを捕獲するわけだ。

非対称マルチプレイゲームはバイオレンスな作品が多いが、本作は「大人から子供までいっしょに楽しめるケイドロゲーム」として作られているといい、ホラー要素が苦手な人でも安心して遊ぶことができる世界観となっているという。また海外版も同時に発売され、グローバルなオンライン対戦が可能。

同作は今年6月に京都のみやこメッセで行われた『BitSummit 7 Spirits(ビットサミット セブン スピリッツ)』に出展されており、長蛇の列を形成するなど、同イベントの中でもトップクラスを争う人気を誇っていた。非対称マルチプレイゲームは、ゲームバランス特に重要で、繊細な調整が要求される。つかみの段階ではうまく注目を集めている本作を、サーバー開発やインフラ構築に実績を持つIT会社のフリースタイルが、どのようにゲームをハンドリングしていくかが鍵を握りそうだ。

『オバケイドロ!』は、8月1日にNintendo Switch向けに配信予定。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog