『スーパーマリオメーカー 2』の投稿コースが最大64に拡大。発売前後に不安視された課題を着実に解決中

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

任天堂は7月23日、『スーパーマリオメーカー 2』のアップデートを実施し、「世界のコース」に投稿できるコース数が32から64に引き上げたと発表した。「世界のコース」、つまりオンラインに投稿できるコース数が倍になり、投稿者にさらなる自由が提供されている。

『スーパーマリオメーカー 2』は、『スーパーマリオメーカー』においてファンベースが存在しており、その純粋な進化系として発表時から期待が寄せられていた。一方でいくつか不安視される要素を抱えていた。ひとつめが、オンラインマルチプレイがフレンドと利用不可であること。「みんなでクリア」「みんなでバトル」は今のところランダムマッチングに限定されており、見知らぬ人としか遊ぶことができない。

そしてもうひとつの懸念が、投稿コース数が32に限定されていること。32は少ない数字ではないが、現時点で200万以上のコースがすでに投稿されていることを考えると、熱心な作者は32という上限に息苦しさを感じる可能性はある。なお投稿数が32コースなのであり、ローカルでの作成自体は100コース以上可能ということは留意しておきたい。

その後者の投稿コースの上限が、64にまで引き上げられたわけだ。任天堂によると、さらにもう一度上限が増える予定があるという。投稿者のスタイルに依拠するものの、コースを削除すれば枠があくという性質もあり、そこまで引き上げられれば不便することはそうないと予想される。

またフレンドとのオンラインマルチプレイが不可である件については、E3のNintendo Treehouse: Liveにてプロデューサーの手塚卓志氏が「将来的なアップデートで、フレンドとのオンラインマルチプレイが可能になる機能を実装できるように取り組んでいる」と言及。すぐにというわけにはいかないようで、7月24日時点では確認されていないが、ニンテンドーオブアメリカもTwitterで投稿しているように、決定事項として扱われているのだろう。

両方に共通するのは、ユーザーの声を聞いているという点。本作自体が前作ファンの声を聞いてQoL部分を中心に大幅に改善されており、多くのフィードバックがなされている。前述した2点についても、仕様判明時は懸念点としてメディアやユーザーから疑問が投げかけられた。それらを改善しようとしているということは、耳を傾けていることにほかならない。

発売から1か月近く経過し、“下品な投稿”などが大幅に減っていっている一方で、インフルエンサーなどから理由不明のコース削除措置を受けたという糾弾があったり(ユーザー名のpooが原因との説が濃厚)と、さまざまな角度から話題となっている『スーパーマリオメーカー 2』。時が経てば、コースの質と共に運営面や仕様もさらに洗練されていくだろう。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog