Nintendo Switch、バッテリーをパワーアップさせた新モデルが8月下旬より発売へ。約1.2~1.8倍ほどの持ちに

任天堂は本日7月17日、Nintendo Switchにバッテリーの持続時間が長くなった新モデルを追加すると発表した。8月下旬より発売開始されるという。型番は異なるが、電池容量や価格や画面の大きさ、重さといった基本スペックは変化なし。バッテリー持続時間のみ強化されたモデルになりそうだ。具体的には、現行のバッテリーの持ちは約2.5 – 6.5時間であるが、新モデルは約4.5 – 9.0時間。約1.2~1.8倍ほど稼働時間が長くなっている。

ちなみに、Nintendo Switch Liteについては、電池容量 4310mAh(現行モデル)から3570mAhになっているものの、稼働時間は約3.0~7.0時間と微増している。単純計算では、新モデルが一番バッテリーの持ちがよいということになるだろう。

任天堂は先日、Federal Communications Commission(FCC/連邦通信委員会)向けにクラスIIのゲームコンソールの変更を送付していたことが報じられた(関連記事)。Nintendo SwitchのIDに関連したものであり、SoCタイプの変更とNANDメモリータイプの変更、それらに伴うCPUボードの変更があると書面に記載されていたが、どうやら今回の新モデル登場を指していたことが濃厚だ。内蔵電池容量に変更なくバッテリー持続時間が伸びた理由を裏付けているだろう。Nintendo Switch Liteの登場に伴い、現行のNintendo Switchも部分的にパワーアップしていくようだ。

なお今回の発表においては、4色の新色Joy-Conも新たに発表されている。ネオンパープル(L)にネオンオレンジ(R)、ブルー(L)にネオンイエロー(R)。価格はLRセットで税別7480円。ネオンイエロー(R)は2017年6月にも発売されている。

Joy-Conに関連しては、最近になり海外で「Joy-Con Drift(Joy-Conが勝手に入力される)」現象が多発していると報告され批判が集まっており、Redditでの問題提起を皮切りに各所に取り上げられ、Kotakuがニンテンドー・オブ・アメリカに質問状を送付し対応を迫っていた。新型Joy-Conについては、そうした背景を含め発売が注目されそうだ。

【UPDATE/2019/7/17 21:50】
詳細な仕様やJoy-Conの項目について追記

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog