ゲーム系YouTuberのガイルくんことEtika氏が遺体で見つかる。先週より行方不明となっていた人物

インフルエンサーのDesmond “Etika” Amofah氏が遺体で見つかったことがわかった。ニューヨーク市警察が発表している。現地時間6月24日夜にアメリカ・ニューヨークのサウス・ストリート・シーポートにて、人が浮かんでいるという緊急通報があり、警察が駆けつけ身元を確認したところ、先週の水曜日から行方をくらませていたEtika氏であることが判明したという。享年29歳。死因については、現在司法解剖が進んでいるとのこと。

Etika氏は、2012年より活動を始めたインフルエンサー。国内では「ガイルくん」というニックネームでも知られている。氏は主にYouTuberにて活躍してきた。ゲームを中心に扱っており、通常のゲーム実況やゲームニュースを伝えたり多岐にわたるコンテンツを制作していたが、特に有名なのはリアクション芸。たとえばNintendo Directのひとつひとつの発表にハイテンションで喜び、大騒ぎする氏の反応は日本でも取り上げられていた。Instagramのフォロワーは約24万、Twitterのフォロワーは32万以上。YouTubeアカウントも何度も削除されながらも、直近で13万以上の登録者を抱えていたとされている。

一方氏は、精神的な不安定さを見せる一面もあった。この1年で、確認されている限りで3度の自殺示唆をおこなっていた(関連記事)。その後E3 2019の実況では元気な姿を見せていたが、現地時間6月19日の電話を最後に、行方をくらませ、親類も連絡がとれなくなっていた。そして失踪からおよそ36時間後に、氏のセカンドチャンネルに自殺を示唆する動画が投稿される。動画内でEtika氏は、これまでは“本当に”死のうとは思っていなかったが、今回は真剣に自殺を検討していることを示唆。有名になる中でSNSで精神を著しく消耗し病んでしまったといい、ファンを裏切ってしまうような形になってしまい申し訳ないと謝罪していた。予約投稿とみられるこの動画は、YouTubeのガイドラインに違反したとされ、削除された(The Verge)。

※ 氏のセカンドチャンネルの直近の動画

同日19日の夜にはニューヨーク市警察が、マンハッタン橋に免許証やいくつかのカードを含んだ氏の財布を発見したと報告。そのほか、スマートフォンやNintendo Switchなども衣服が入ったカバンと共に発見されていたという。行方不明であること、そして貴重品が発見されていることから、氏の動向を不安視する声も高まっていた。そして6月24日にはサウス・ストリート・シーポートで男性の遺体が発見されたことが報告され、調査の結果最終的にその身元がEtika氏であることが確認された。

数々の著名人が悲しむほか、YouTube Creatorsアカウントも哀悼の意を表すとともに、精神的に苦しんでいるクリエイターは自殺防止センターのような施設へと連絡してほしいと呼びかけている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog