リアクション芸が有名なYouTuberのEtika氏が行方不明に。自殺を示唆するビデオを投稿した後、4日以上足取りつかめず

Image Credit : Dexerto

YouTubeなどで活動するDesmond “Etika” Amofah氏が行方不明状態であるようだ(CNN)。ニューヨーク市警察が、彼が行方不明にあることを報告してから4日以上が経過しているが、まだ保護されていない状態である。行方をくらませる前には、自殺を示唆する言動を見せていた。いくつかの所持品や目撃情報はあるものの、本人はまだ見つかっていない。

Etika氏は、2012年から本格的な活動を始めTwitchやYouTubeにて活躍してきたインフルエンサーだ。ゲームに絡めた動画投稿や配信をしており、特にリアクション芸に定評がある。新作などが発表された時のなんともオーバーで楽しげなリアクションは、切り取られて他動画やSNSでも共有されていた。E3 2019のNintendo Directでもお家芸のリアクションを見せている。日本ではその髪型にちなんで「ガイル君」といった愛称を持つ。その姿を目にしたことがある人は、いるのではないだろうか。

一方でEtika氏は、精神的に不安定な面を見せていた。もともと目立つためには手段を選ばないタイプで、前述した動画のリアクションに加えて、Nintendo Switch発売前に「製品」を入手したと偽り、発売前にフェイク映像を製作した過去もあり(関連記事)。ファンキーで楽しげな性格が愛される反面、嘘や目的の不明な言動をすることもあった。昨年10月には突如世界の生きづらさを糾弾。自殺を示唆する投稿をし、ポルノ映像を投稿することで自主的にYouTubeのBANを受けていた。redditでも投稿や削除を繰り返したり、Twitchチャンネルの削除などもおこなっていたが、最終的に氏は無事な状態であることが確認されている。

今年の4月中旬にも同様にポルノ動画の投稿によってYouTuberチャンネルを自主的に削除され、狂乱的なツイートを投稿した。この時は、前回もEtika氏の無事を確認した元彼女であるAlice Pika氏が、警察を呼び病院に連れて行かれる結末に。また4月下旬にも、同様に狂乱的に自殺を示唆するツイートを連投し、銃を持った自分の画像を投稿した。Etikaが自殺するかもしれない、そんな懸念を抱いた誰かが通報し、警察がブルックリンの氏の自宅に駆けつけた。一方でEtika氏は警察が家に集まる様子をInstagramにて放映するなど、極めて混沌とした状態に。最終的に警察は、Etika氏をブルックリンの病院まで連れて行くこととなった。これら一連の騒ぎのきっかけや詳細については、さまざまなコンテクストが存在するが、本人が口を閉ざしていることから、はっきりしない点も多かった。

そしてこの29歳のブルックリン在住の男性は、6月19日にひとつの動画を投稿して行方をくらませる。動画で氏は、SNSを介して消耗していたこと、精神病を患いうまく向き合えていないこと、ファンに申し訳なく思うこと、そして死への理解と覚悟ができていることを示唆。YouTuberやインフルエンサーが心配を始めたことで、ニューヨーク市警察が氏の捜索を開始した。19日の夜に警察がマンハッタン橋に免許証やいくつかのカードを含んだ氏の財布を発見したと報告。そのほか、スマートフォンやNintendo Switchなども衣服が入ったカバンと共に発見されていたという(New York Post)。

土日にかけてニューヨーク市警察が捜索を続けている状態であるが、いくつかの目撃情報が断片的にあるものの、足取りはつかめていない。前出の、Etika氏に付き添い続けてきた元ガールフレンドのAlice氏は心配しながらも、Etika氏の自殺の示唆は“精神的な目覚め”のメタファーであると確信しているとコメント。まだ見つかりたくないので、見つからないようにしているのだろうと独自の見解を述べている。

さまざまな形で大騒ぎし、いろんな形で注目を集めてきたEtika氏。無事に保護され、また大げさで愉快なリアクションを動画で見せてくれる日が来ることを、祈るばかりだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog