サイバー忍者アクション『Cyber Shadow』PC/コンソール向けに正式発表。『ショベルナイト』のYacht Clubが共同開発

インディースタジオYacht Club Gamesは3月28日、『Cyber Shadow』を正式発表した。対応プラットフォームは、PlayStation 4/Xbox One/Nintendo Switch/PC。『Cyber Shadow』は、忍者を主役としたアクションゲーム。フィンランドのゲーム開発者Aarne “MekaSkull” Hunziker氏が手がけており、Yacht Club Gamesは今作をパブリッシングおよびプロデュースする。

スポンサーリンク

『Cyber Shadow』は、サイバーニンジャアクションゲーム。舞台となるのは近未来。主人公の忍者は、長きにわたる冬眠についていた。そして目覚めた時には街は荒れ果てており、彼の一族の姿がない。どこかから聞こえてくる助けを求める声を追い、機械の兵を切り裂きながら、眠っていた間に世界に何が起こったのかを探っていくこととなる。

ゲームシステムとしては、クラシックな2Dアクションになっている。十字キーとふたつのボタンで、シンプルに操作。ステージを進めて一族の一員に出会えば、記憶が呼び覚まされ新たな忍術およびアビリティを獲得。ゲーム序盤は「素人忍者」であるが、スキルを獲得しテクニックを身につけることで「スーパー忍者」になっていくとのこと。

『Cyber Shadow』では、手作り のスプライトに、現代のアニメーション技術や視差効果を生む多層的な背景を織り交ぜる。そこに快適な操作と進化したゲームデザインを融合させ作り上げられた、8bitへの愛が込められた2Dアクションゲームであるという。今作は、弊誌でも以前紹介したタイトル。当時MekaSkull氏は弊誌に対し、ひとりで作っていると語っていたが、どのような経緯でYacht Club Gamesブランドで発売することになったのだろうか。

実は、Yacht Club Gamesは2年前から『Cyber Shadow』に関心を抱いていたという。MekaSkull氏はパブリッシャーを必要としておらず、自身だけでゲームを完成させる予定であったようだが、同じく8bitゲームを手がけるYacht Club Gamesは、5つの『ショベルナイト』作品を完成させたことを踏まえて、自分たちであれば作品をさらに上のレベルへと導けると確信。ファミコンを愛する志を持つデベロッパー同士として、同作の共同開発およびプロデュースをする関係に至ったそうだ。

具体的にYacht Club Gamesは、マーケティングや移植、そしてパブリッシャーとしての諸々のビジネス周りの仕事を担当。MekaSkull氏は引き続きゲームの開発に専念。一方で、Yacht Club Gamesはデベロッパーとして作品のゲームデザインにフィードバックするという形で開発にも参加している。『ショベルナイト』の経験を生かし、ゲームをベストな状態に仕上げられるように尽力しているそうだ。

横スクロール型の忍者アクションのジャンルは年々盛り上がりを見せており、同時に競争も熾烈になっている。昨年、忍者アクション『The Messenger』がリリースされ数々のアワードを獲得したことは、ジャンルの基準値を高めただろう。そんな中、『ショベルナイト』で熟練のゲームデザインを見せるYacht Club Gamesが監修するという報せは、ひとつの差別化のポイントにできそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog