「リソース管理」を排除した島づくりSLG『ISLANDERS』4月5日にSteamで発売予定。『SuperFlight』開発元新作

インディースタジオGrizzly Gamesによる新作『ISLANDERS』が、4月5日にSteamにて発売予定だ。本作は、カラフルな島々の上に好きなように街を作り上げていく、シンプルな街づくりストラテジーゲームである。

Grizzly Gamesといえば、自動生成される岩山の間を高速で飛び抜ける手軽なフライトアクションゲーム『Superflight』を開発したことで知られるチーム。ストラテジーにジャンルを移した本作でも、カラフルで美しいマップや、無駄な要素を削ぎ落としたシンプルな楽しさは健在なようだ。

『ISLANDERS』は街づくりストラテジーというジャンルではあるが、多くのストラテジーが備えているリソース管理という要素をバッサリ捨ててしまっているのが特徴だ。複雑な資材のマネジメントをすることなく 、美しい島々の上にどのような街を作り上げるかという一点に頭を悩ませられるそうだ。

本作では、プレイヤーのインベントリ内にある施設であれば、好きなものを自由に選んで設置していくことができる。いくつかの建築物がインベントリに入っている状態からゲームがスタート。施設を置くごとに小気味良い演出とともにポイントが得られ、一定のポイントを稼ぐとインベントリ内の施設が回復し、さらに新しい建物がアンロックされるという仕組みだ。置ける施設がなくなってしまうとゲームオーバーなので、ポイント稼ぎはゲームを長く続ける上でも重要である。家、畑、工場など、建物の種類を考えた配置によって高ポイントが得られるようなので、施設の並べ方を工夫することがハイスコアにつながるだろう。

街を作り上げていくことになる島々は自動生成されており、緑豊かな小島から岩肌の露出した巨大な島までロケーションもさまざまだ。穏やかでカラフルな色使いも相まって、リラックスした雰囲気の中でゲームが楽しめることだろう。1つの島を十分に発展させることができたら、新しい島へ移動して新たに街を作り上げていくことになる。インベントリ内の建物が尽きない限り、いつまでもゲームを続けていられるというわけだ。

『ISLANDERS』を開発するGrizzly Gamesは、ドイツ・ベルリン技術経済大学の学生3人からなるインディースタジオ。『ISLANDERS』は同大学のプログラム「Game Design Berlin」の一環として作られた作品のようだ。Steamのストアページには「『ISLANDERS』は、どんな人でも自分の小さな世界を創り、開拓できるように作ったシンプルなゲームだ。大作ゲームみたいな体験や膨大なコンテンツは期待しないでね」とのメッセージが添えられている。具体的な価格はまだ明らかにされていないが、「ミディアムサイズの抹茶カラメルパンプキンパイラテ」程度のお手頃価格で購入できるそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog