Epic Gamesが、『フォートナイト』のクロスプレイ技術を他開発者に無料で提供へ。ハードを跨いだ対戦やボイスチャット機能を全エンジンで実装可能

Epic Gamesは12月13日、オンラインマルチプレイゲームにおけるクロスプラットフォームプレイ技術を無料で公開すると発表した。Epic Gamesは『フォートナイト』にてクロスプレイ展開を推進しており、7プラットフォームにわたり、2億人以上のプレイヤーを巻き込んでのプレイテストを試みてきた。この技術が他デベロッパーに開放されることになる。すべてのエンジン、すべてのプラットフォーム、すべてのストアのタイトルで使用可能であるという。Epic Gamesの提供するUnreal EngineやEpic Gamesストアに限定しないということだ。

同サービスは、C言語のSDKの組み込みから始め、Unreal EngineおよびUnityへの統合までサポート。コア部分から始めつつ、その後拡張を繰り返していくという。2019年の第2四半期~第3四半期にPC、2019年に他プラットフォームを目処に、コア部分を実装。具体的には、クロスプラットフォームにおけるログインやフレンドの認識、アイテム管理などをサポートする。対応プラットフォームは7主要プラットフォーム(PC、Mac、iOS、Android、 PlayStation、Xbox、Nintendo Switch)。また同年第2四半期には、クロスプラットフォームのデータ保存、クラウドセーブに対応予定。

2019年第3四半期には、PC/Mac向けにログインやフレンドにおけるユーザーインターフェースなど、ゲームやエンジンに依拠しないオーバーレイAPIが実装される。また同時期に、全プラットフォームを対象に、Epic Gamesが作り出した、全プラットフォーム/全ストア/全エンジンを対象としたボイスチャットを提供する。2019年第3四半期および第4四半期には、クロスプラットフォームにおけるパーティーやマッチメイキングシステムを提供。同年第3四半期には、クロスプラットフォームにおける実績やトロフィー機能を提供するとのこと。将来的には、ユーザーの作成コンテンツやソーシャル機能の強化、アンチチートツール機能なども提供する予定だという。

これらのクロスプラットフォームにおいては、Epic Gamesアカウントに加えてFacebook、 Google、Xbox Live、PSN、ニンテンドー、そしてTwitchなどいずれのアカウントでもログイン可能。既存のサービスやアカウントを尊重するとしている。

Epic Gamesは以前より『Infinity Blade』や『Paragon』の無料アセット配布など、開発者向けのバックアップを進めてきた。最近になりこの傾向をさらに強めており、開発者に従来よりも多くの収益を提供するEpic Gamesストアを開設した。さらに今回、さらに『フォートナイト』にて用いている/用いられていくクロスプレイの技術を無料で公開することを発表したわけだ。Epic Games社長のTim Sweeney氏は、今年4月に実施した弊誌インタビューにて、クロスプレイを強く推進する姿勢を見せており、「横のつながりの強化は避けられない」と明言していた(関連記事)。そのEpic Gamesの哲学に基づき、今回の技術開放はおこなわれるのだろう。『フォートナイト』で莫大な利益を得ているEpic Gamesは、業界への投資をおこない続けている。Unreal EngineだけでなくUnityなども対象、プラットフォームを問わないという今回のクロスプレイ提供発表は、まぎれもなく業界発展および貢献を目指したものであるといえるだろう。

先日には、他コンソールとのクロスプレイに消極的であったソニー・インタラクティブエンタテインメントも、PS4を同機能に本格的に対応させていくことを表明していた。これでコンソール3社すべてが、クロスプレイを容認した形だ。今までマルチプレイでは、「プラットフォーム」という壁を仕切ってのプレイが強いられていたが、その壁が完全に取り払われていくことになるのだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog