『モンスターハンター』にインスパイアされたF2PのCo-opアクションRPG『Dauntless』がお披露目

日本時間12月2日に開催された「The Game Award 2016」にて、Phoenix Labsによる初タイトル『Dauntless』のトレイラーが公開された。Phoenix LabsはBioWareやRiot Gamesなどの元メンバーにより設立された新しいスタジオである。

『Dauntless』はF2P(Free-to-Play)のオンラインマルチプレイゲームであり、『DARK SOULS』や『モンスターハンター』シリーズにインスパイアされたアクションRPGとなっている。本作の世界は大規模な災害により陸地が断絶し、浮遊する島々となって空を移動している。今日隣同士だった島が明日も同じ場所にあるとは限らないのだ。プレイヤーは島々の住民を脅かす怪物ベヒーモスを退治すべく、戦闘の達人であるスレイヤーの一員として狩りをはじめる。

海外メディアのVentureBeatがPhoenix Labsに確認したところ、本作は『Path of Exile』や『Diablo』のようなスタイルのアクションRPGではなく、『モンスターハンター』シリーズのように巨大かつ強力なモンスターを一体ずつ倒していくことに重きを置いているとのこと。公式サイトではベヒーモスとの戦闘映像や武器のサンプルが公開されており、映像を見る限りではドッジロールを駆使したプレイヤースキルも問われるバトルシステムになりそうだ。また激戦のすえ倒したベヒーモスからはさまざまな戦利品が手に入り、武器や防具の強化に利用できる。

20161202-35262-001

『Dauntless』の対象プラットフォームはWindows。リリース時期は2017年を予定している。公式サイトからアカウントを作成すればベータテストに応募できる。早めにユーザネームを確保しておきたい方は確認しておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog