『Dead Matter』開発中。大自然に囲まれたカナダの街で物資を集め、マイホームを防衛するゾンビサバイバル

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第455回目は『Dead Matter』を紹介する。

本作はUnreal Engine 4を用いて開発されているシングル/マルチプレイ対応のゾンビサバイバルゲームである。元々は『Crysis 2』のModとして制作されていたものだ。舞台となるのは、カナダのアルバータ州をもとにした、400平方kmの広大なオープンワールド。自由度の高さを追求したプロジェクトであり、プレイヤーは物資を求め辺りを探索しつつ、マイホームを定めて定住してもよいし、大自然の中でノマド生活を送ってもよい。

アルバータ州は人口100万人規模の大都市がありつつも自然が豊か。ゾンビの大群が押し寄せる都市部と、カナディアン・ロッキーに広がる森林・湖水というコントラストが生まれる。本作では、少人数の開発チームでも大規模なオープンワールドを構築できるようマップのプロシージャル生成ツールが活用されているほか、アイテムスポーン、電力、水流、汚染源、AIなどの管理システムにより、流動的で、常に緊張感が保たれるような世界づくりが目指されている。開発陣の最大の目標は、リプレイ性の高いサバイバル体験を届けることであり、とくにPvE・協力型のコンテンツを好むプレイヤーは、セッション毎に異なる体験ができるとのことだ。

プレイヤーは空腹度と喉の渇き以外に、血圧、出血量、骨折、噛み傷といったステータスにも気を配らなければならない。また探索中に集めた物資を保存するには、サイズ・数量だけでなく、適正温度や品質も加味する必要がある。計画的なリソース管理が求められる作品なのだ。

ゲーム内の建物はすべて拠点候補となり、電力を供給することが可能。家屋を修繕し、防塞を築くことでゾンビや盗賊の侵入を防ぐ。家屋ではなく、装備品のクラフトやカスタマイズに適した工業施設、車両へのアクセスや修理に適したガソリンスタンド/自動車修理工場を拠点にしてもよい。都市部から離れ、土地を耕したり、野生動物を狩ることで自給自足の生活を目指すこともできる。

ただし無法地帯と化したポストアポカリプスの世界では、ゾンビや他の生存者たち(AI、他プレイヤー)との戦闘が避けられないことも。過酷な環境下で生き延びるためにも武器を確保したいところ。本作の近接武器は50種類以上あり、有刺鉄線バット、銃剣などに改造できる。武器に限らず、操作キャラクターと車両の見た目もカスタマイズ可能とのことだ。

Modサポートとして開発ツール、UE4のブループリントなどを無料公開するとのことで、コミュニティが活性化すれば武器や車両、ベースビルディングといったコンテンツが拡張されていくかもしれない

本作の開発を手がけるのはカナダ・アルバータ州のインディーデベロッパー「Quantum Integrity Software」。本稿執筆時点での開発メンバーは5人。10年以上のキャリアを持つテクニカルアーティスト1人を除けば、趣味としてのMod制作や就業訓練での経験にとどまるメンバーがほとんど。専門外の分野をカバーできる人材を雇用するため、7月18日より1か月間のKickstarterキャンペーンにて出資を募っている。初期目標額は6万カナダドル(約530万円相当)。本稿執筆時点では残り27日を残し4万7000カナダドルを集めており、好調な出だしとなっている。

ストレッチゴールとしては、7万カナダドルで地下エリアの追加を含むマップの拡張、8万5000カナダドルで航空機・電車の追加、そして12万カナダドルに到達した暁にはバンクーバー島をもとにした新マップを追加するという。Kickstarterキャンペーンは好調であるが、ゲーム開発経験の浅いチームだけに、開発期間、必要資金などの見積もりが現実的なのか不安が残る。とはいえ、こうした野心的なプロジェクトにはロマンが詰まっているため、無事軌道に乗ることを期待したい。

昼夜サイクル、天候、季節の概念も存在する

『Dead Matter』の対象プラットフォームはPC。2017年内のアルファ版リリースを目標としており、正式リリース時期については未定である。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog