グロゴア至上主義のマルチプレイFPS『Killing Floor 2』が開発完了。いよいよ11月18日正式リリースへ

Tripwire Interactive(以下、Tripwire)は11月11日、グロテスク&ゴア表現満載のCo-op型FPS『Killing Floor 2』について、製品版の開発が完了した旨を報告した。11月18には早期アクセス中のPC(Steam)版が正式リリースされ、海外では同日にPS4版が発売される。Tripwireの報告では、早期アクセス中のPC版が100万ダウンロードを突破した旨にも触れている。

開発完了を祝うTripwire。Image Credit: Tripwire Interactive
開発完了を祝うTripwire。Image Credit: Tripwire Interactive

『Killing Floor 2』は最大6人のプレイヤーで協力し、改造人間「Specimens」を蹴散らしていく
PvEメインのマルチプレイヤーFPSだ。多様なクラスと武器が用意されており、チームワークやマップ構造を利用した戦略、ヘッドショット時に発動するバレットタイム、そしてなにより19箇所にもわたる過激な部位破壊が魅力の作品である。マッチ後半には味方と敵が流した血でマップが赤く染まり上がり、死闘の真っ只中にいるムードを盛り上げてくれる。

キャラクタークラスは現時点で9種類用意されており、近接武器特化のバーサーカー、高難度のマッチでは救世主となる回復役のフィールドメディック、爆発物専門のデモリッショニスト、火炎放射器を扱うファイアーバグ、2丁拳銃でヘッドショットの山を築くガンスリンガーなど、クラスによってプレイスタイルはさまざま。上級者向けの新クラスとしてサバイバリストの登場も予定されている。

モードはソロプレイ、PvEの「Survival」モード、PvPの「vs Survival」モードがあり、「vs Survival」では人間チームと「Specimens」チームに分かれてプレイできる。ただし「vs Survival」は今年4月に導入されてから数週間でプレイヤー人口を失ったため、現在はほとんどマッチングしない。人間チームと「Specimens」チームのバランスの問題も大きいが、それだけ本作はPvE好きが集まるタイトルだということでもある。

PlayStation 4版については、PlayStation Proにも対応する力の入れようで、海外では11月4日からベータテストが開始されている。残念ながら国内PS4版のリリース予定は不明。以前Tripwireは「コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)」のレーティングを通過する際に一部の国で規制が入る可能性があると報告している。国内PS4版が発売された場合、本作の売りであるゴア表現が大きくカットされる可能性がある。PC版についても正式リリース時には規制される可能性があると述べていたが、本作の魅力でもある四肢飛び交うゴア表現は是非とも残してほしいものだ。

PlayStation 4 Proでのプレイ映像を含むトレイラー

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog