リブート版『Perfect Dark』ゲームプレイ映像初披露。調査活動にステルス、銃撃戦に近接バトルなど要素盛りだくさん

 

マイクロソフトは6月10日、『Perfect Dark』のゲームプレイ映像を初披露した。本作はPC/Xbox Series X|S向けに開発中で、発売時期は未定。

本作は、NINTENDO64向けに発売された『Perfect Dark』、Xbox 360向けの『Perfect Dark Zero』に続く『Perfect Dark』シリーズ最新作であり、同シリーズのリブート作品だ。マイクロソフト傘下のThe Initiativeと、『トゥームレイダー』シリーズなどの開発元として知られるCrystal Dynamicsにより共同開発中。過去作を手がけたRareも協力しているとのこと。

『Perfect Dark』は、近未来を舞台にする一人称視点のアクションスリラーゲームだ。本作の世界では、近い将来に地球が一連の世界規模の災害に見舞われ、世界の生態系が絶滅の危機に瀕するとされている。その裏にはダニエル・キャリントンという犯罪者がおり、dataDyneのエリートエージェントであるジョアンナ・ダークが彼を追跡する。何百万もの人々の命を脅かしかねない技術の進歩の背後に潜む謎を解き明かすのだ。

今回公開されたゲームプレイ映像では、エジプト・カイロでのミッションの様子が紹介されている。本作の世界では、The Cascadeと呼ばれる災害が発生したのち、巨大企業Core Mantisがカイロのガーデンシティを隔離。環境を保全し、エコ技術革新の中心都市とした。この場所にはダニエル・キャリントンの隠れ家が存在し、ジョアンナはその調査に向かう。


キャリントンの隠れ家への道中では、ジョアンナはガジェットを使い、盗聴した警備員の声を使って鍵を開けたり、PCをハッキングしたり、あるいは周囲の様子をスキャンしたりしている。ガジェットによる調査活動は、目的を達成するうえで重要な要素になるという。建物のあらゆる場所を進むパルクールアクションも確認できる。本作では直感的な移動システムが採用されているとのこと。

また、敵とのバトルでは銃撃戦や近接格闘が展開され、それらとステルスアクションがシームレスに繋がったゲームプレイが特徴。アンロック可能なアビリティも用意されるとのこと。本作では、敵と派手にやりあうことも静かに仕事をこなすこともどちらも可能だが、いずれにしてもリスクとリターンが存在するそうだ(Xbox Wire)。

『Perfect Dark』は、PC/Xbox Series X|S向けに開発中。発売時期は未定だ。