高圧洗浄シム『パワーウォッシュ シミュレーター』では今年もDLCや無料アプデがいろいろ登場へ。2024年ロードマップ公開


デベロッパーのFuturLabは日本時間3月2日、高評価洗浄シム『PowerWash Simulator(パワーウォッシュ シミュレーター)』について、2024年のロードマップを公開した。対応プラットフォームはPC(Steam/Microsoft Store)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S。またXbox Game Pass(PC/コンソール/クラウド)にも対応している。


『PowerWash Simulator』は、一人称視点の高圧洗浄シミュレーション。プレイヤーは洗浄業者となり、多彩な洗浄依頼を粛々とこなしていく。洗う対象はバイクや車などの乗り物から、公園や豪邸などの建造物までさまざまだ。

ゲームプレイとしては地味でシンプルながら、プレイヤーの心を掴む作り込みもなされている。たとえば汚れにも個性があり、「隅の汚れは頑固」「スプレーの落書きは落ちづらい」などの変化が加えられている。また、放水ノズルチェンジによって水の出方を変更可能。広範囲放水で軽い汚れを広く落としたり、頑固な汚れは集中ノズルで強力に落としたりするなどの選択が可能となっている。またマルチプレイにも対応しており、フレンドと高圧洗浄を楽しむこともできる。

本作は2021年5月よりSteamにて早期アクセス配信を開始し、2022年7月にUpdate1.0として正式リリース。その後も多くのアップデートがおこなわれている。また昨年には無料のスペシャルパックとして『トゥームレイダー』や『ファイナルファンタジー VII』とコラボしたマップが登場。クロフト邸やセブンスヘブン、ガードスコーピオンなどを高圧洗浄できる依頼が追加されていた。また昨年末には無料シーズンマップとして「サンタさんの工房」が配信された。

また有料追加コンテンツも配信されており、アニメ「スポンジ・ボブ」や映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とコラボした依頼も追加。今年もさっそく新たなDLCとしてミニチュアボードゲーム『Warhammer 40,000』とコラボする「Warhammer 40,000 スペシャルパック」が2月27日に発売された。帝国技術部の一員として、さまざまな兵器を洗浄していく内容だ。


そんな本作について、今回2024年のロードマップが公開されたかたちだ。ロードマップにおいては、先述のWarhammer 40,000スペシャルパックを含む3つのDLCと無料の3つの季節イベントが予定されている。また2種の無料コンテンツなども追加されるようで、今年も継続的にサポートやアップデートが続けられていく模様だ。なおロードマップにはすべてのアップデートが含まれるわけではないそうで、内容が変更となる可能性もあるとのこと。

正式リリース後もさまざまな新展開がおこなわれてきた『PowerWash Simulator』。ジャンルを問わずさまざまな作品とのコラボが展開されており、今後どの作品とコラボするのかや、どういった内容のアップデートがおこなわれるのかといった続報にも注目したい。

PowerWash Simulator』はPC(Steam/Microsoft Store)/ PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに発売中。またXbox Game Pass(PC/コンソール/クラウド)にも対応している。