冷戦南極遭難アドベンチャーゲーム『South of the Circle』PC版が期間限定無料配布中(日本語対応)、GOG comにて


GOG.comにて12月29日、PC版『South of the Circle』の無料配布が開始された。期間は2024年1月1日23時まで。期間内にGOG.comアカウントのライブラリに追加することで、配布期間終了後も保有しプレイ可能。ゲーム内は日本語表示に対応している。

『South of the Circle』は、State of Playが手がけたナラティブ・アドベンチャーゲームだ。主人公は、イギリス・ケンブリッジ大学の教員ピーター。気象学を研究する彼は南極大陸に赴くも、事故によって飛行機が墜落し遭難してしまう。南極大陸には各国が進出し観測基地を構えており、ピーターは助けを求めて吹雪のなか歩き出す。

本作は、南極大陸の雪原や基地などを探索するパートと、ピーターの過去を描く回想パートが交互に展開するかたちで構成。回想パートでは大学で働く彼の姿などが描かれ、そのなかでは同僚の教員クララと出会い仲を深めていく様子や、なかなか研究成果を出せずにいる場面も。そうした過去の出来事が、南極での危機に繋がっていくという。

クララなどとの会話においては、ピーターの感情を選択するシステムが採用。好奇心や配慮、困惑、強気、消極的などを表すシンボルが表示され、いずれかを選択することでピーターのセリフが決定し、相手もそれに対応するかたちで会話が進んでいく。また感情以外に、具体的なアクションなどを選択する場面も存在する。


本作は2022年8月にPC向けにリリースされ、その後コンソール版も発売。Steamユーザーレビューにて、本稿執筆時点で83%が好評とする「非常に好評」ステータスを獲得するなど高く評価されている。本作の時代設定は冷戦期とされ、作中ではケンブリッジ大学内での政治運動やケンブリッジ・ファイヴと呼ばれるソ連のスパイの存在、南極地域の平和的利用などを定めた南極条約など、当時の時代背景が反映されたナラティブ体験などが好評となっている。

『South of the Circle』は、PC(GOG.com)にて無料配布中だ。配布期間は2024年1月1日23時まで。アカウントにログインしたのち、ストアページの「Go to giveaway」をクリックし、ストアサイトトップ中段の特設バナーにて「Add to library」を選択すれば入手できる。