Steam版『メイドインアビス 闇を目指した連星』最新アプデで「Deep in abyss」モードの解放条件撤廃。止まらない憧れでいきなり遊べる

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スパイク・チュンソフトは10月14日、『メイドインアビス 闇を目指した連星』Steam版にてパッチ1.0.2を配信した。同アップデートでは「Deep in abyss」モードの解放条件が見直され、最初からプレイ可能になっている。また同様の条件撤廃については、ほかのプラットフォーム向けにもアップデートが予定されているそうだ。

『メイドインアビス 闇を目指した連星』は、つくしあきひと氏による漫画作品「メイドインアビス」を原作とした、度し難いアクションRPGである。本作の舞台は、アビスと呼ばれる巨大な縦穴だ。アビス内部には奇怪な生物たちが生息し、今の人類では到底作れない遺物が眠っている。しかしアビスには呪いが存在し、力場によって地上からの観測も困難。多くの未知が残されたアビスでは、探窟家と呼ばれる不可思議に魅了されたものたちの挑戦が続いていた。原作の主人公リコは、そんなアビスの魔力に魅せられた探窟家の1人である。

本作の「HELLO ABYSS」モードにおいては、リコの視点からアニメのストーリーを追体験する冒険が展開。リコとレグの冒険の一端が、ゲームとしてプレイできるようになっている。また本作にはもう一つ、プレイヤーが新米探窟家としてアビスの深淵に挑む「Deep in abyss」モードも搭載されている。Deep in abyssモードには、原作者のつくしあきひと氏監修のオリジナルストーリーや、キャラクターメイクなどが搭載。上昇負荷が存在するアビスでの新たな冒険が待ち受けている。


本日10月14日にSteam版へ配信されたパッチ1.0.2では、Deep in abyssモードの解放条件が撤廃された。これまでDeep in abyssモードをプレイするには、リコのストーリーを追体験するHELLO ABYSSモードのクリアが必要となっていた。今後は、HELLO ABYSSモードをプレイせずとも、最初から「Deep in abyss」モードでいきなり新米探窟家になれるわけだ。今回のパッチでは、コントローラーの自動検出機能も追加されている。またDeep in abyssモードの解放条件撤廃は、ほかのプラットフォーム向けにもアップデート予定。不具合の修正や一部ゲームバランスの調整を含む更新データの作成も実施されているそうだ。

メイドインアビス 闇を目指した連星』は、PlayStation 4/Nintendo Switch/PC(Steam)向けに配信中だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

なんでもやる雑食ゲーマー。作家性のある作品が好き。AUTOMATONでは国内インディーなどを担当します。