サンソフトが新作情報を8月19日に発表へ。『いっき』でお馴染みの老舗ゲームブランド「SUNSOFT」が令和に復活

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

サンソフト(サン電子株式会社)は8月12日、同社が2022年および2023年に発売予定のゲームタイトルの情報について、公式YouTubeチャンネルにて8月19日午前11時に公開すると発表した。


今回の発表にて同社は、老舗ゲームブランドであり、レトロゲームの風雲児「SUNSOFT」が令和に復活すると強調している。サンソフトは、1970年代後半にアーケードゲーム開発を始め、『アラビアン』『一騎当千』『カンガルー』などをリリース。そして1980年代後半にはファミコンに参入し、『スーパーアラビアン』『ギミック!』『ブラスターマスター』『バトルフォーミュラ』『へべれけ』などで人気を得た。

一方で、『いっき』や『アトランチスの謎』といったクセの強いタイトルも手がけ、ゲーマーからは“クソゲー”と呼ばれたことも。同社は、「多くのみなさまにいじられる“クソゲー”という名を、私たちは“愛称”として心に受けとめております。今でも元祖クソゲーといえばSUNSOFTとお声がけいただき大変うれしい限りです」とコメントしている。


近年のサンソフトはというと、『ハウスクリーニングサバイバル』や『上海 Refresh』なども手がけているが、『House Flipper』や『Alba Wildlife Adventure』『Skabma – Snowfall』『OBDUCTION』など、海外作品をローカライズして販売する活動が目立っていた。ただ今回、「SUNSOFT」の令和の復活や、「サンソフトが満を持してReturns!」などと打ち出していることから、ふたたび独自のタイトルを展開していく方針なのかもしれない。

サンソフトの2022年および2023年に発売予定のゲームタイトル情報は、公式YouTubeチャンネルにて8月19日午前11時に発表予定。同番組では、初お披露目となる同社のVTuberが司会進行を務めるとのことで、そちらにも注目だ。


※ The English version of this article is available here

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る