女配信者育成ADV『NEEDY GIRL OVERDOSE』Steamにて2021年春までにリリース予定。承認欲求過剰な女の子を指示し、クスリや他の男とデート

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

国内のゲームパブリッシャーであるワイソーシリアスは11月7日、情報番組「INDIE Live ExpoⅡ」内にて『NEEDY GIRL OVERDOSE』を正式発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)。2021年の寒いうち、春までのリリースが予定されている。
 

 
『NEEDY GIRL OVERDOSE』は、承認欲求に囚われた女配信者に対し、彼女から好意を向けられている個人として関わる配信者育成ADVだ。メインキャラクターは、向精神薬と”ピ”が好きだという性格の悪い女の子あめ。彼女は、「超絶最かわてんしちゃん」として顔出し配信をしており、SNS上では配信者としてのアカウントと、裏アカウントを使い分けている。しかし、現在の超絶最かわ天使ちゃんは、配信を始めてもコメントはまばらで、フォロワー数も少ないマイナー配信者に留まっている。
 

 

 
彼女に”ピ”と呼ばれる主人公は、息抜きとしてデートに出かけたり、ちょっとえっちなことをしたり、ストレスが消えるフシギなクスリをキメさせたり、出会い系で他の男とデートをさせたりなど、PC経由で指示を出して彼女の行動へ干渉。主人公の行動によって彼女のメンタルやピに対する好意、フォロワー数などのパラメーターが変動し、スーパーチャットの飛び交う人気配信者にすることもできるそうだ。メンタルが健全になりすぎると、彼女が承認欲求を失いゲームが終わってしまう恐れがあるほか、あめが病んだり、ピに危害を加えたり、違う世界に飛んでいったりといったマルチエンディングが用意されているという。

また、あめからJINEなるアプリ経由で面倒な長文メッセージが届くことや、表/裏のSNSアカウント経由で彼女の行動が観測可能。スクリーンショットには、壺のアイコンのきつね、カメラアイコンのいーすた、にっき.txtという怪しげなアイコンも並んでおり、こうしたプログラムを使ったなにかも用意されていそうだ。なお、ストアページ上の記載によると、本作には露骨な性的表現や違法な物品は登場せず、完全に健全なゲームなのだという。
 

 

 
本作の開発は、企画/シナリオをフリーライターでバーチャルYouTuberとしても活動するにゃるら氏、キービジュアルおよびキャラクターデザインをイラストレーターのお久しぶり氏、音楽を韓国のAiobahn氏など、それぞれ活躍するクリエイターたちが担当。そのほか、ワイソーシリアスがプロデュースを担い、ドット絵を個人でゲーム開発もしているねんない氏、開発をYuu氏、開発/ディレクション/デザインを国内の企業Xemono が担当している。

『NEEDY GIRL OVERDOSE』は、2021年春までにSteamにてリリース予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る