Amazonのクラウドゲームサービス「Luna」発表。ワンタップでTwitch配信からいつでもプレイ可能、Ubisoftチャンネル開設予定も

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

米Amazonは9月24日、サブスクリプション制クラウドゲームサービス「Luna」を発表した。対応プラットフォームはFire TV/PC/Mac/iPhone/iPadで、Android端末には追って対応する。 まずは米国chrome 早期アクセス配信が開始し、月額5.99ドルで提供される。

同サービスはAmazon Web Services (AWS)のゲームサーバーを通じて提供される。ユーザーはゲームチャンネル「Luna+」に登録することで対応ゲームをプレイすることが可能で、いずれも4K/60fpsの高解像度で遊ぶことができる。早期アクセス期間中には『バイオハザード7』や『Control』といったタイトルがラインナップされており、今後も追加予定。さらに今後は別料金でUbisoftチャンネルが設立される予定で、『アサシンクリード ヴァルハラ』や『Far Cry 6』をはじめとした同社作品が遊べるようになる見込みだ。

LunaはPC用キーボードとマウスおよび既存のBluetoothコントローラーで遊ぶことが可能だが、同時に専用のLunaコントローラーも発売する。音声AIアシスタントAlexaに対応しており、クラウドに直接接続して入力信号を送信する。このため遅延を低く抑えることができ、Bluetoothを介した場合と比べて17〜30msのレイテンシ減少が確認できたという。Fire TVからスマホ画面などの画面切り替えを容易に実現することも可能だ。コントローラーは早期アクセス期間中に49.99ドルで入手可能となる。Amazon傘下にあるTwitchとの連携も強みとしており、ゲーム実況の配信を見ている間、気に入ったらワンタップで対象の作品をプレイすることが可能だ。


Lunaはまず米国でのみ早期アクセス配信が実施され、月額5.99ドルで提供される。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog