都内の「反自粛運動者」を焼くロケランアクション『STAYHOMER』300円で配信開始。笑えそうで笑えないダークユーモア作品

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

バーチャルYouTuberの霧笛ノト氏は5月17日、『STAYHOMER』をBOOTHにて配信開始した。価格は300円。要求スペックについては、「ある程度最近の3Dゲームが動かせる環境なら多分動く」とのこと。開発エンジンとしてはUnityが使用されている。デフォルトでのグラフィック設定はHigh。もしゲームを購入し重く感じたとしても、設定でグラフィックを下げれば快適に動くかもしれない。

『STAYHOMER』は、3Dアクションゲームだ。舞台となるのは、“何か”が発生し、人々が外出自粛を強いられている現代。都民の自粛疲れは限界に達し、一部の人々は外出へ。そして反自粛運動が都内各地で発生し、大規模な集団感染が起こっている。この状況を見た在日米軍は、状況が収束しない限り同盟国として必要な措置をとると発表。プレイヤーは警視庁から命を受けたステイホーマーとして、疾病対策特別条例にのっとり任務を遂行していく。その任務とは、全ての反自粛運動者を“消毒”することだった。

ゲームとしては、焼夷弾ランチャーで人々の群れを高温消毒していく。三人称視点にて自キャラを操作して街を歩き、右クリックで狙いを定めて左クリックで弾を放つのだ。制限時間は3分で、時間内に消毒率100%を目指す。現代風の街並みの中を移動していき、焼夷弾ランチャーで人々をぶっ飛ばす。派手なエフェクトと共に人々は散っていく。意味もなくたむろする人々やデモ抗議者、アイドルライブを観覧する人々など、外出者の種類は多彩。問答無用に彼らを焼いていくわけだ。

新型コロナウイルス感染拡大が続く世界情勢をテーマとした作品では、「密ですゲーム」や「密ですゲーム(3D版)」、「密ですビート」などが開発されてきた。霧笛ノト氏の手がける『STAYHOMER』は、ゲームとしては設定・ビジュアル共にリアルに作られており、リアルに作られているがゆえに、微妙に笑えないのが特徴。凝られた設定や「来世では家にいろ」などユーモアのある台詞が散見される一方で、リアルさが“否定しきれない現実味”をもたらしており、改めて今の現実の世界情勢の深刻さを浮き彫りにするかもしれない。

とはいえ『STAYHOMER』は、時間と手間がかかっていることもあり、単なる一発ネタに収まらないゲームになっているだろう。一部オブジェクトには破壊表現もあり、焼夷弾ランチャーを撃つ行為自体は楽しい。霧笛ノト氏はこれまでにも『GTAV』にて数多くのModを手がけてきた実績があり、そうしたノウハウが生かされている。興味を持った方はBOOTHにて300円で購入してみてはいかがだろうか。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog