中国でのiOSゲームアプリすべてが、政府の審査を受けることが必須に。中国市場でビジネスするモバイルゲーム開発者には影響必至

Appleは中国App Storeにおける、開発者向けのレビューポリシーを更新。同プラットフォーム上で配信するゲームアプリについては、2020年6月30日までにゲームライセンスの取得が必須になると記載されており、波紋を呼んでいる。法律による規定にのっとり、ゲームライセンス取得が必要になるとAppleは記載している。36Krなど中国メディアが報じている。

スポンサーリンク

まずゲームライセンスについて説明しておこう。中国においては、中国国内で販売されるすべてのゲームは政府からの審査を受け、ライセンスを獲得しなければならないというルールがある。App Storeでリリースされるゲームアプリでもそれは同様。ゲームのリリースはもちろんのこと、有料販売やゲーム内課金を実装する上では、中国政府の認可を受ける必要がある。しかしながら、こうした仕組みはあくまで政府が一方的に突きつけていたもの。システムとしての取り締まりは構築されていなかった。それゆえに、中小企業はモバイルアプリをリリースしつつゲーム内広告などで収益を得たり、政府がすべてのアプリを監視できないことを利用し、こっそりマネタイズするというケースが存在していた。しかし今回の発表により、プラットフォームレベルでゲームライセンス取得が必須となった。無料アプリでのリリースにも、ゲームライセンスの取得が不可欠となっている。

注意したいのは、この中国からの審査を受ける必要があるアプリは、現在iOSでリリースされているアプリも対象であるということ。すでにゲームライセンスを得ているアプリを除き、2020年6月30日までに新たにゲームライセンスを取得しなければいけなくなった。すでにリリースされているゲームがライセンスを取得しなかった場合、どのような措置を受けるかは明らかにされていないが、広範囲に影響が及ぶだろうと報道されている。

今回の発表が波紋を呼んでいる点については、ゲームライセンス取得がそもそも困難であることに起因している。中国政府のゲームにおける審査は、極めて厳しい。暴力や性表現は徹底して取り締まられている。『PUBG Mobile』が中国国内でゲームライセンスを得るために、倒された敵が手を振るという無血仕様ゲーム『平和エリート』に転身したことは記憶に新しい。『フォートナイト』もまだゲームライセンスを取得できていないのが現状。銃撃系の対戦ゲームの多くが審査に引っかかる傾向にあり、政治思想の検閲も含めた、極めて厳しい審査が待ち受けている。

またゲームライセンスの審査プロセスが、非常に遅いという点も開発者を悩ませている。中国政府はゲームライセンス取得を各所に義務付けており、一方で申請数が増加しすぎた結果、審査待ちの“行列”が生まれていると報告されている。2019年2月時点で、ゲームライセンスの審査待ちと発行待ちの数は、5000本にも及ぶと予想されていた(関連記事)。

ある程度のルールは決められていたものの、中小企業は秘密裏に収益化をする動きがあり、グレー状態であった中国App Store。今回の動きにより、中国政府の審査を受けたものしか、App Storeでリリースできなくなるという構造になるようだ。中国進出を果たしている日本のゲーム会社にとっても、まったく無関係ではないだろう。今後の影響が懸念されるところだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog