中国で発行再開されたばかりのゲームライセンス申請はまたしても停止か。さらなる動乱続く中国ゲーム市場

海外メディアロイターの記事によると、中国の国家審査機関(中国語:新闻出版总署)は今週、地方の審査機関に、新たなゲームライセンスの申請を停止するとの通知を出した。後述するが、筆者の独自ルートによる調査でも、同様の報告を確認している。この記事によると、今回申請を停止する理由としては、中国政府は昨年3月から12月まで9か月もの間ゲームライセンスの発行を停止していたが、その期間に申請されたゲームの数が多すぎたため、処理できないのが原因にあるという。関係者の予想によると、ゲームライセンスの審査待ちと発行待ちの数は、5000本にも及ぶ。

ゲームの審査およびゲームライセンスの申請は、まずゲーム会社がおのおの地方政府の審査機関に必要な書類を提出。地方機関で申請書をいったん仮審査して、合格したものを中央に提出するのが今までの流れだ。今回の「停止」は、具体的には地方審査機関から中央へ新たに書類を提出することを停止する意味を持つ。実際、ゲーム会社は地方の審査機関に書類を提出することはが可能だが、しばらくは中央には届かないのだろう。つまり、実質上「新たなゲームライセンスの申請が停止されている」ということになる。また、今回の停止はいつまで続くか未定である。

スポンサーリンク

ロイターの記事に影響されてか、テンセントの株価が落ちている

筆者が中国のゲーム関係者に問い合わせしたところ、もうすでに一週間も申請停止状態にあるという。また、中国現地のメディアが国家審査機関に問い合わせしたところ、停止の原因について「申請するときに必要とされる書類が変わる」と答えていたことがわかった。つまり、申請に際して求められる提出物がかわるようだ。

ちなみに、昨年末にゲームライセンスが再開されて以来、すでに538本のゲームがライセンスを獲得した。このペースから考えると、年内に積み上げたゲームを審査し、ライセンスを発行することで当局は手一杯になるとみられる。新しく作られたゲームを審査するのはほぼ不可能と言っていいだろう。

中国の四字熟語に、朝令暮改(ちょうれいぼかい)という言葉がある。「漢書」によると、当時の政治家晁錯(ちょう そ)が文帝に「勤苦如此、尚復被水旱之災、急政暴賦、賦斂不時、朝令而暮當具」と諌めた。つまり、民が苦しくも働かなればならないにもかかわらず、当時は天災にみまわれ、なお政府から急に高い税金を要求される。しかも、法令は朝に出たと思えば、夜になるとまたすぐ改める。民はもう疲労して、死ぬ寸前であるにもかかわらず、法令を貫けない。その状態が続くと、民が心身疲れることになり、やがて政府も信用しなくなる。今回の事態については、そうした四字熟語を連想させるような混乱を感じさせる。

2018年に、中国ゲーム産業はこれまで以上に厳しく、しかも人為的な「氷河期」を迎えた。この寒さは、2019年も続くだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog