スクウェア・エニックスを脅迫し、ゲームイベントを中止に追い込んだ男が逮捕される。脅迫後には謝罪メールを送付

スクウェア・エニックスを脅迫し、ゲームイベントを中止に追い込んだ男が警視庁に逮捕されたことがわかった。NHK NEWS WEBなどが報じている。逮捕されたのは、宮崎県新富町に住まう神田悠斗容疑者。職業は介護福祉士だという。

容疑者は、今年の8月スクウェア・エニックスに「殺してやろうか?」などという脅迫メールを6回にわたって送りつけ、東京などで予定していたゲームイベントを中止に追い込んだ疑いが持たれている。イベントについての詳細は明かされていないが、時期や内容を考えると「星と翼のパラドクス 翔握戦2019 #3 #4」であることが濃厚だ。

スポンサーリンク

8月17日(土)・8月24日(土)に東京・横浜・名古屋・福岡の4都市で開催される予定だった、アーケードゲーム『星と翼のパラドクス』に関した同イベントにおいては、運営チームに対して複数回にわたり殺害予告がなされていた。慎重に協議を重ねた結果イベントを中止するとスクウェア・エニックスが発表していた。『星と翼のパラドクス』のプロデューサーを務める丹沢悠一氏も、殺害予告とイベント中止にはひどく心を痛めており、その苦しい心中をnoteで吐露。ファンだけでなく、運営側・クリエイター側にとってもショックな出来事であった。

警視庁によると、容疑者は利用していたゲームの見直しを求めたが、思い通りの答えが得られなかったためメールを送ったと供述しているとのこと。具体的には、「ゲームで使うアイテムの価格が上がったことが不満だった」とのこと(読売新聞)。脅迫メールを受けたスクウェア・エニックスが、ホームページでイベントの中止や被害届けの提出について公表すると、神田容疑者は「本当に反省しています」などと謝罪のメールを繰り返し送っていたという。しかしながら、脅迫や威力業務妨害がすでに成立しているとして逮捕されることとなった。

スクウェア・エニックスといえば、7月にも脅迫被害を受けている。公式ホームページ上から「クソゲー金返せ」「ふざけるな。乗り込むぞ。京都アニメーションの再現したろか」といったメールを受け取っており、威力業務妨害を受けていた(サンスポ)。犯人はスマートフォン向けゲームの利用者であったようで、翌月逮捕されたものの、運営側のショックと損失は計り知れないところだろう。

一連の逮捕報道により、脅迫行為についてのリスクと罪が強く認知され、脅迫行為が有効であるとの認識がなくなっていくことを願いたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog