『スマブラSP』ローカル競技シーンで「勇者」の使用が禁止。強いランダム性が問題に

南部オーストラリアにて『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズの大会オーガナイズなどを行う団体であるSouth Australia Smash Central(以下、SASC)が、同団体の主催するイベントや大会において『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、スマブラSP)のファイターである「勇者」の使用を禁止することを公式Twitterで告知した。

「勇者」は、今年6月のNintendo Direct E3で発表され、7月末にDLCとして実装されたばかりのファイター。『ドラゴンクエスト』シリーズからの参戦となる。8月頭に開催された「EVO 2019」のスマブラSP部門は「勇者」の実装されていない旧パッチで行われていたため、大きな大会等ではまだ使われていない。MPシステムやスマッシュが1/8の確率で強化される「かいしんのいちげき」、ランダムで出現するコマンドから選択して技を使用する下必殺技など、原作を踏襲したギミックに溢れるファイターとなっているが、今回はそのユニークなデザインが問題視されてしまった形となる。

SASCのTwitter投稿には、勇者の使用を禁止する判断に至った背景について詳細が記載されている。
以下、翻訳となる:

“8月14日をもって、SASCの主催する大会等において勇者の使用は禁止されます。多くの議論を重ねた結果、勇者のファイターとしてのデザインは強くランダム性に依存しており、競技シーンで使われるには適していないという判断となりました。

呪文の選択からかいしんのいちげき、そしてパルプンテの効果まで、勇者のデザインはいたるところまでランダム性が満ちています。程度の差こそあれ、ランダム性は他の競技ゲームやスマブラシリーズにおいても存在するものではありましたが、勇者のランダム性はプレイヤーのスキルで制御・対処できる範疇になく、競技性を損なうレベルに達しています。勇者が使用するべきでないとするのは、スマブラの競技シーンにおいてアイテムが使われていないのと同じ原理だと言えるでしょう。

加えて言うならば、他のキャラクターのランダム要素、たとえばゲーム&ウォッチのハンマーやピーチのカブなども、ランダム性だけではなくある程度プレイヤーの操作能力が必要とされます。プレイヤーの操作能力の関与有無が本質的な問題点というわけではないですが、勇者のランダム要素、たとえば崖際攻防でのマダンテやシールド無効のメガンテ、まじん斬りによるシールドブレイクなどは対処が困難であることが多く、また1ストックをまるごと持っていくポテンシャルを秘めています。ランダムに与えられる攻撃力・速度バフや復帰能力も対策は難しく、また試合結果を大きく左右する可能性があります。

我々が強調したいのは、勇者が禁止される理由は「強すぎるから」ではなく、そのデザインが競技シーンにふさわしくないからです。我々は、我々の開催するイベントにおいてはプレイヤー達がその能力・スキルを披露する機会を与えたいという信念を持っており、すなわち、基本的にはより高い能力を発揮したプレイヤーこそが勝利を栄光を手にするべきだと思っています。勇者のデザインには、勝負におけるプレイヤースキルの要素を減らしてしまう可能性があり、自らのスキルを磨き上げるために不断の努力を重ねている競技プレイヤー達にとってアンフェアであると考えています。”

『スマブラSP』コミュニティはSASCのこの判断に多くのリプライを寄せて反応しており、SASCはそれに応じる形でTwitterで補足をしている。曰く、今回の勇者禁止の判断は実験的な側面も強く、勇者というキャラに調整が入ったり、他のローカル競技シーンがどう反応するか、数か月後に「勇者」というキャラの様子をみて再び判断を下すという。そもそも南部オーストラリアは『スマブラSP』の競技シーンとしては比較的小さなものであり、また実際に大会に現れる多くの人達は今回の判断に賛成とのことで、こういった実験的な試みには適しているというのがSASCの主張だ。また、勇者が実装されたばかりで早急ではないかという点については、勇者を本格的にやりこむプレイヤーが現れる前に判断するべきだと思ったとのことだ。勇者に多くの時間をつぎ込んだプレイヤーが現れてからだと、禁止にすることは難しいだろう。

格闘ゲームの競技シーンにおいて、ローカルルールとはいえども、バグなどではなく「競技的ではない」という理由でキャラクターが禁止にされることは比較的珍しい事態と言えるだろう。ローカルではない世界規模の大会でも、同じように勇者が、しいてはなんらかのファイターが使用禁止となる可能性は非常に低いと思われるが、南部オーストラリアに続いて勇者を禁止とするローカルシーンが出てくる可能性ならあるかもしれない。今回のSASCの判断がただのローカルルールに終わるか、それとも『スマブラSP』競技シーン全体に波及するものとなるかは、今後のコミュニティの反応次第だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog