「PCエンジン mini」発売決定。価格、発売日とも未定。「PC原人」「THE 功夫」など収録

コナミは本日6月12日、「PCエンジン mini」を発売するとE3にて発表した。現在のところ価格、発売日とも未定。公式ホームページにて収録タイトルを含む情報を公開している。

「PCエンジン mini」は1987年に日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)から発売された「PCエンジン」を、手のひらサイズに縮小し再現したゲーム機。内蔵されたゲームを遊ぶことができる。現在公開されている収録タイトルは、以下のとおり。なお収録タイトルは今後追加予定とのことだ。価格・発売日とともに段階的に公表されていくことが予想される。

・スーパースターソルジャー
・THE 功夫(クンフー)
・PC原人
・悪魔城ドラキュラX 血の輪廻
・イースⅠ・Ⅱ
・ダンジョンエクスプローラー

「PCエンジン mini」には、「カンタンセーブ機能」が追加されいつでもセーブ、再開が可能になりより遊びやすくなるという。またHDMI出力が可能で、HDMI入力に対応したディスプレイに接続することができる。発売当時の雰囲気を感じられるブラウン管テレビの走査線を再現したモードも搭載。別売りのマルチタップにコントローラーを接続すれば、最大5人での同時プレイも可能。本体のサイズは縮小されているがコントローラーのサイズは同じ。往年の名ゲームハードを当時の気分のまま遊びつくそう。

なお「PCエンジン mini」は、世界三地域にて発売予定。地域ごとに当時販売されたゲーム機の形で登場する。日本では「PCエンジン mini」、北米では「TurboGrafx-16 mini」、欧州では「PC Engine CoreGrafx mini」となる。また地域によって収録されているゲームタイトルも異なる。

「PCエンジン mini」は発表前からその存在が囁かれてきた。二年半ほど前にはコナミが欧米で「TURBOGRAFX」の商標を取得していることが確認されており、同社が「PCエンジン mini」の発売を計画しているのではないかとの声が広まっていた(関連記事)。今回のE3での発表によりさまざまな憶測の決着がついた形になる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog