『Battlefield 1942』“まんま”なゲーム『Tank BATTLEGROUNDS』Steamに登場。ゲーム説明文すらもそのまま

Steamに不穏なゲームが登場しているとPC Gamerが報じている。今年5月にSteamに登録された『Tank BATTLEGROUNDS』は、redditにて“『Battlefield 1942』“そのままなゲーム”として発見された。

『Battlefield 1942』は、2002年にEAから発売されたミリタリーシューター。『Battlefield』シリーズの第一作目にあたる作品で、第二次世界大戦をテーマとしている。「コンクエスト」やチームプレイのシステムなどを含め、シリーズの原点となるゲームである。『Tank BATTLEGROUNDS』は、同作に酷似していることで注目を集めている。

スポンサーリンク

というのも、ストアページの情報がほぼ全て『Battlefield 1942』の流用なのである。トレイラーは最後のタイトルロゴ部分を削ってあるだけでそのまま。スクリーションのアセットもそのまま。そしてゲーム説明も、明らかにどこかから引っ張ってきたような文章で、「Battlefield 1942」の名前ががっつり残っているという手抜きっぷり。トレイラーのロゴ削りやタイトル変更など、若干手は加えられているものの、あまり隠す気を感じさせない豪快な盗みである。なお本作は、シングルプレイおよびマルチプレイ(ローカル/オンライン)に対応するようだ。

本作を手がけるスタジオ/開発者「自由合伙人」は、日本語で「共同設立者」を意味する。固有の名前ですらない。開発者のひとりである873747056氏は、中国深セン在住とプロフィールには記されている。ちなみに『Tank BATTLEGROUNDS』というタイトルも紆余曲折を経てつけられたようで、最初はThe Pyramidとつけられ、その後Tankへと変更。最終的にTank BATTLEGROUNDSに変えられており、迷走っぷりも垣間見える。

Steamにおいては、Steam Directが導入されたことで、登録費100ドルの振込と書類の提出だけで、基本的にどんなゲームのリリースも可能。一方で、Valveもリリースまでにいくつかの段階で審査をしている。ストアページ登録の審査と、ゲームリリースにおける審査があるとされているが、ストアページの審査が何かの間違いで通ってしまったようだ。すでにこの『Tank BATTLEGROUNDS』の情報は広まっており、EAの関係者の耳にも入っている。2019年6月発売とストアページには書かれているが、おそらくリリースする前にこのゲームは闇へと葬られることになるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog