都市開発ゲーム『シティーズ:スカイライン』で日本風の街を作ろう。Paradoxが日本風の街並を作るガイド動画を公開

Paradox Interactiveは5月24日、自身の運営するCities:Skylines Officialチャンネルにて、『Cities:Skylines(シティーズ:スカイライン)』において日本風の街並を作るための、チュートリアル動画を公開した。この動画は、『Cities:Skylines』を利用して作った日本風の街並を公開しているYouTuberのRyuichi Kaminogi氏とのコラボレーションによって実現したものだ。

『Cities:Skylines』は、プレイヤーが自由に都市を作り発展させていく都市開発シミュレーションゲームである(関連記事)。Paradox Interactiveがパブリッシャーを務め、フィンランドのゲーム開発会社であるColossal Orderが開発したものだ。ゲームエンジンとしては、Unityを使って開発されている。海や川、山や平地のある地形を選択し、道路を敷設、区画を割り当て(住宅、商業、工業、オフィスがある)、病院や警察署などの公共施設を建設し、都市を発展させ大きくしていくといった流れのゲームだ。このゲームは交通シミュレーター的な要素が強く、プレイヤーがいかに都市の交通網を上手く整備できたかによって都市の発展度合いが変わってくる。大通りや一般道を使い分けて計画的な道路網を敷いたり、地下鉄やバスなどの公共交通機関を充実させて人の流れをスムーズにすることによって街の発展を導く必要がある。

『Cities:Skylines』は都市開発シミュレーションとして完成度の高いゲームであり、すでに高い人気を博しているのだが、それ以外の面でも注目を集め非常な人気となっている。それは、ゲーム内に自分の好きな街並を構築して楽しむジオラマツールとしての側面だ。Modやアセット(ゲームで使える追加素材。プレイヤーが新たに作成したり公開することが可能)を駆使し表現を拡張した上で、思い思いの街並が作られている。実在する街並を再現したものやRPGに登場する王都のようなファンタジックな街並を作っている人もおり、YouTubeなどの動画サイトで見ることができる。さて、その中でも日本風の街並を作り耳目を集め、多くのファンを獲得しているYouTuberが存在する。それが、Ryuichi Kaminogi氏その人だ。今回Paradox InteractiveはKaminogi氏とコラボレーションして、『Cities:Skylines』で日本風の街並を作るチュートリアル動画を公開した。

動画を再生すると、まるで日本のどこかの街の空撮映像かと見まごうような映像が流れる。線路沿いに、一軒家やマンションや雑居ビルがひしめいている都市部の風景。かと思えば、川を渡る鉄道陸橋の向こうに青々とした田んぼの姿がのぞくのどかな田舎の風景。これらの風景はどちらも『Cities:Skylines』を利用して作られたものだ。公開された動画の中で、Kaminogi氏が日本風の街並を作るために必要な基本的な要素について解説している。詳しくは動画をごらんいただきたいが、主な内容としては以下のとおりだ。

・日本風の街並を作るためにおすすめの地形
・アセットを利用して、道路や鉄道を日本風のものにする
・日本の区画と建物の特徴。それにあったアセット選び

これらの基本を守るだけでも、あなたの作る街がぐっと日本風の街並に近づくことだろう。このチュートリアル動画は、今後複数回にわたって続きが公開される予定とのことだ。またKaminogi氏はSteamのワークショップにて日本風の街並に必要なアセットを多数公開している。たとえば、JR西日本の電車車両を再現したものや、瓦屋根のいかにも日本風の一軒家、その他にも駅前にありそうな雑居ビルなど、日本風の街並を作る上ですぐにも使えそうなものが揃っているので、確認してみるとよいだろう。

『Cities:Skylines(シティーズ:スカイライン)』は、PC/PlayStation 4/Xbox One/Nintendo Switchにて発売されているが、今回のような日本風の街並を作るためにはワークショップにあるアセットを利用する必要があるので、PC版を利用するのがいいだろう。最後に、Kaminogi氏が制作し公開している日本風の街並をご紹介してお別れしたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog